僕が思う音楽業界の問題点

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

今日は「僕が思う音楽業界の問題点」についてお話したいと思います。

 

音楽業界の問題点、それはズバリ…。

 

 

「業界の存在そのもの」

 

 

です。

 

別に既存の音楽業界を否定したいわけではありません。

 

ですが、ミュージシャンが抱える問題の多くは

「業界の存在」に起因することも明らかな事実です。

 

例えば、

 

  • 「業界」があるから、前時代的なビジネスモデルの中で仕事しなきゃいけないし
  • 「業界」があるから、買い手市場で勝負しなきゃいけないし
  • 「業界」があるから、ゼロサムゲームになるし
  • 「業界」があるから、クライアントにひたすら従順な音楽家が正義だと錯覚しちゃうし
  • 「業界」があるから、価値ではなく相場で仕事しなきゃいけなくなるし
  • 「業界」があるから、他人が決めた予算で仕事しなきゃいけないし
  • 「業界」があるから、事務所に入ってるとそれだけで食っていけそうな気がするし
  • 「業界」があるから、いつも忙しくしてる人が正義だと思っちゃうし
  • 「業界」があるから、楽しくない飲み会にもガマンして行かなきゃいけない気がするし

 

あらゆる問題の根底にあるのが「業界」の存在で、

 

何より、音楽のプロを夢見る若者達にとって、

「業界」に入ることが”カッコよく見えちゃってる”というのが大問題

なのです。

 

そんなもの、全部まやかしだし、全然カッコよくないのに…。

 

音楽家にとって、目指すべき成功は「業界」にしかないのでしょうか?

ランキング上位に入ることや大河ドラマの劇伴音楽を担当することだけが成功なのでしょうか?

 

「業界」に依存しないで、自由に、自分らしく成功する道はないのでしょうか?

 

無論、あるに決まっています。

 

むしろ、これからの時代は「業界」に依存せず、自由に、自分らしく生きる人こそが大活躍する時代。

 

人気ブロガーやYoutuberのように、

個人のコンテンツを武器にどんどん活躍して行っている人も多くなってきていますし、

僕の周りの成功者たちも、音楽家であろうとそうでなかろうと皆そのように生きています。

 

みんな、知らないだけです。

 

論より証拠。僕はこのブログを通して、自由に、自分らしく、幸せに生きていけることを証明します。

 

だから、このブログを読んでくださっているあなたも、

是非僕と一緒に新時代のカッコいい生き方を目指してみませんか?

 

願わくば、すでに業界にいらっしゃるクライアントの方々も含めて、

一旦「業界」っていう考え方を捨てて、一緒に新しいお仕事しませんか?

 

僕はその先にある無限の可能性を信じています!

 

このブログが、あなたの生き方を変える一つのきっかけになれば幸いです。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です