強みを発見することは、商売敵を愛すること

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

突然ですが、あなたには、とっておきの必殺技がありますか?

 

プロとしてある程度の経験を積んできたクリエイターであれば、誰しもが何かしらの必殺技を持っているものです。

 

この必殺技は、ゼロから無理やり編み出したものではなく、

あなたのこれまでの人生、経験、活動から自然と生まれてきたもの。

 

ですから、他の人にはそう簡単に真似できるものではありません。

 

この、経験から生まれた必殺技を、しっかりと「強み」としてアピールしていくことが、

 

  • 自分にとっても
  • お客様にとっても
  • 競合するライバルにとっても
  • ひいては業界全体にとっても

 

非常に良いことですよ!

 

ということをお話したいと思います。

強烈な個性の見つけ方〜自分が厨二病だと気づいて、人生が面白くなった話〜

2017.09.29

 

強みをアピールすることの何が良いのか?

 

あなたがご自身の「強み」をアピールすることで、その魅力に惹かれたクライアントは、

その必殺技を最大限に生かせるお仕事を優先的に任せてくれるようになります。

 

しかし、それだけではないんです!

 

「強み」を活かし、認知させていくことで、

今までにない新しい市場を開拓、作り上げることもできる

のです。

 

そしてこれこそが、一番の利点。

 

例えば、僕の場合、「和風・和楽器音楽」という強みをアピールした結果、

これまで業務の中心だったゲーム業界や音楽業界とは違う、全く新しい市場からオファーを受けることが多くなりました。

 

国や行政なども巻き込んだ、産業支援のプロジェクトや、

外国人観光客の誘致を狙う、インバウンドのプロジェクトなど。

 

いわゆる「業界」からのお仕事ではなく、全く新しいフィールドのお仕事が生まれて行ったのです。

 

このように、自分の「強み」を発見しアピールすることで、自分だけのフィールドを作ることができます。

 

そして、このことが意味するところは、

競合するライバルを一切蹴落とさなくても良い!

ということ。

 

自分の「強み」を大々的にアピールすることは、

ライバルと戦わない戦略

でもあるんです。

 

もう、奪い合うのはやめましょう

 

「業界」がレッドオーシャンになってしまっているのは、限られた仕事を皆で取り合っているから。

プロを目指すクリエイターが年々増加の一途をたどる現代、このようなお仕事の仕方をしていたらみんな共倒れです。

 

だからこそ、あなたの「強み」をしっかりアピールし、

あなたにしか生み出せない価値、

あなたがが大活躍できるフィールド

を生み出していくことが、とっても重要ですし、

そうやって作り上げたフィールドにはライバルは存在しません。

 

誰とも戦うことなく、誰も傷つけることなく、その市場を独占することができます。

 

このように、自身の「強み」をしっかり活かして仕事をしていくことは、

無用な争いを避け、かつ新しい市場を生み出し、業界全体を活性化させることにつながっていくのです。

 

日本にいるクリエイター1人1人が、このような強みをしっかり発揮していったら、

どんなに素晴らしい、生き生きとした社会を作ることができるでしょうか?

 

僕はこれからも自分の「強み」をこれでもかとアピールしていきます。

 

是非、あなたもご自身の「強み」を発見し、それをしっかりとアピールしていってくださいね!

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です