失敗が怖くて一歩踏み出せない人へ。100%失敗しない方法を伝授します!

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

僕はこれまで、数え切れないほどの失敗をしてきました。

 

吹奏楽コンクールで、ミュート(弱音器)をつけたまま演奏開始してしまったこと。

好きな女の子に告白して何度もフラれたこと。

文化祭で盛大にスベったこと。

勢いで独立して貧乏地獄に陥ったこと。

 

恋い焦がれていた独立が軽く地獄だった話:【EP1】待ち受けていた試練

2017.09.20

恋い焦がれていた独立が軽く地獄だった話:【EP2】貧乏への片道切符

2017.09.21

恋い焦がれていた独立が軽く地獄だった話:【EP3】成功の裏に潜む致命的なマインド

2017.09.22

恋い焦がれていた独立が軽く地獄だった話:【EP4】フリーランスを陥れる2つの罠

2017.09.23

恋い焦がれていた独立が軽く地獄だった話:【EP5】参入しやすいビジネスには裏がある

2017.09.24

 

枚挙にいとまがありませんが、とにかく失敗だらけの人生です。

 

人間、誰しも失敗なんてしたくないのが本心でしょう。

僕だって失敗は可能な限り避けたいです(笑)。

 

今日は、失敗が怖くて一歩踏み出せない方のために、僕の数々の失敗の中から発見した、

「絶対に失敗しない方法」

を伝授しましょう。

 

100%、絶対に失敗しない方法です。

すごいでしょ?

 

それは、

 

「なーんにもチャレンジしないこと」

 

です。

 

チャレンジさえしなければ、絶対に失敗なんかしません。

その代わり、絶対に成長もしません

 

失敗したということは、何かしらのチャレンジに果敢に挑んだということ。

失敗したということは、勇気を出して未知の領域に一歩足を踏み出したということ。

 

前進した証拠なんです。

 

僕はたくさんの失敗をしました。ですが、その度に成長してきました。

 

失敗から学び、それを糧に再度チャレンジを繰り返す。

そうして少しずつ成功を作り出してきました。

 

失敗のない人生は安心かもしれない。

しかしそれは、本当に味気ないものです。

 

人生を面白く、豊かにするには、チャレンジなしでは成し得ないのです。

 

かのエジソンは、電球を発明するまでに1万回以上の試行錯誤を繰り返したそうです。

当時の経済新聞は、そのことを「エジソンの愚業」として取り扱ったそうですが、

それに対してエジソンはこのように答えています。

 

「私は1万回失敗したのではない。1万通りの上手くいかない方法を発見しただけだ。」

と。

 

偉人たちが、偉人に成り得たのは、彼らが失敗を恐れずチャレンジし続けたからです。

 

失敗したっていいんです。

それよりも、前進しないことのほうがよっぽど問題です。

 

クリエイターとして独立を成功させるのは、一般的に見てかなりハードルが高い話。

決して楽な道のりではないでしょう。

 

ですが、

人と違う成果を得たければ、人と違う行動をとるしかない。

 

そこには、勇気あるチャレンジが必要不可欠なんです。

 

だからこそ、あなたには、どんどんチャレンジして行って欲しい。

失敗を恐れず、ご自身の夢の実現のために日々前進することを心に決めて欲しいのです。

 

そんなあなたに、もう1つの「絶対に失敗しない方法」を伝授しましょう。

 

それは、

「失敗を、失敗だと解釈しない」

ことです。

 

人生に「失敗」はありません。「成功」するか、「学ぶ」かだけです。

 

上手くいかなかったことを、自分が失敗だと解釈してしまえば、それは失敗になります。

ですが、エジソンのように、どんな事実も肯定的に受け入れ、「学び」だと解釈できれば、もはやそれは失敗ではありません。

次のチャレンジへの糧となるのです。

 

これまでも、そしてこれからも、僕はずっとチャレンジをし続けます。

そして、どんどん失敗します!!

 

あなたも、僕と一緒に新たな一歩を踏み出しませんか?

それが、近い将来大きな成果となってあなたの人生を豊かなものにしてくれることでしょう!

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です