それをアンタが言っちゃいかんでしょ!という話

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

今日は珍しく毒吐きます。

 

僕が駆け出しの頃、懇意にしていただいていたディレクターさんから

 

「ぜひ仕事を任せたいから、一度プロデューサーを交えてミーティングしませんか?」

 

と、ありがたいお話を頂いたことがありました。

 

喜んでお引き受けしたのですが、いざミーティング当日になってディレクターさんから受けたある助言が印象的だったのでお話します。

 

それは、

 

「今日会うプロデューサーはお金の話をすると嫌がるから、ギャラなどの話は案件が終わってから相談しましょう。」

 

というもの。

 

当時の僕は、独立間もない駆け出しの新人。

右も左もわからないので、「業界ってそんなもんなんだろうなぁ」と思ってましたし、

1つでも多くの仕事に繋がるならオッケー!という気持ちもあったので、素直に言われた通り対応しました。

(そもそもお金の話をする勇気もなかったですけどね。)

 

でも、今になってみれば、

「そりゃ違うだろう」

と思うわけです。

 

 

ごくたまにではありますが、

「お金の話は置いといて」と、予算やギャランティの話をボカしたまま話を進めるクライアントがいます。

 

はっきり言いたい。

 

それ、おかしくないですか??

 

と。

 

百歩譲って、僕ら商品やサービスを提供する側

「お金の話はともかく、まずは話を進めましょう!」と、クリエイティビティを優先するならまだしも、

 

提供を受ける側がそのような発言をすることが、どれだけおこがましいことか考えていただきたい。

 

クリエイターに仕事を依頼する、それすなわち価値の提供を受けるということ。

平たく言ったら、買い物してるわけです。

 

人に商品を売ってくれと頼んでおきながら、

「お金の話は置いといて」

って。

 

それをアンタが言っちゃいかんだろ!!

 

と思う訳です。

 

また、とある別のプロデューサーに言われた訳のわからない交渉もありました。

 

「まぁ、最初はお勉強していただいて…。」

 

といって、安くサービスを提供することを強要してきたのです。

 

この場合も百歩譲って、サービス提供側が、「今回は初回ですし、お勉強させて頂きます。」って言うならわかりますよ。

 

お前が言うな!おこがましい。

 

と思いますね。

 

結果的に、お金の話を嫌がるプロデューサーさんは僕に仕事をさせるだけさせといて、

お金を1円も払わず逃げて行きました。

 

結局そんなもんです。

 

お金の話をボカす人は、そのほとんどが不誠実な人ばかりです。

お金に対してやましい気持ちがあるからそういった言動が飛び出すのでしょうね。

 

逆に、お金の話をきちんとしてくれる人ほど、

しっかり契約書も交わしてくれるし、支払期日もちゃんと守ってくれます。

 

誠実に、丁寧に対応してくれる人は、皆お金の話を濁さず話してくれるのです。

 

だから僕は、依頼の初期段階できちんとお金の話をしてくれる人としか取引しません。

 

自分の愛する家族や仲間を守るためにも、サービスに対する対価はしっかりと受け取らねばなりませんから。

 

もしあなたが、どこかでお金の話をすることをためらってしまっているなら、

今すぐその考えを捨ててください。

 

お金を稼ぐことは悪いことではありません。

お金は愛です。

 

ぜひ、頭の片隅に置いておいていただけたら幸いです。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です