マーケティングの究極の目的。それは○○を無くすことだった!

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

今日は昨日に引き続き、マーケティングのお話をしたいと思います。

ていうか、そもそもマーケティングって何?という疑問にお答えします。

2017.10.23

 

今日のお題は

「マーケティングの究極の目的とは何か?」

なかなかに興味をそそりますね。

 

マーケティングの究極の目的とは?

 

マーケティングには、ある究極の目的が存在します。それは、

「セールス(営業)を無くすこと」

です。

 

クリエイターの中には、

営業が苦手!

という人も多いと思います。

 

営業というと、どうしても「売り込み」というイメージが強くて、

 

クライアントに嫌われちゃうんじゃないか?

ウザがられたらどうしよう?

 

などなど、ついつい不安になってしまいがちですよね。

 

そんなあなたに朗報!

 

マーケティングは、それを全て払拭してくれます。

 

マーケティングは「プル戦略」。

お客様が、あなたの商品を自ら手に取ってくれるための仕組みを作るもの

だからです。

 

お客さんが向こうから来てくれるなら、無理に売り込む必要は全くなし!

営業が苦手な方には、願ったり叶ったりの戦略なんです。

 

意外に非効率な「プッシュ戦略」

 

実はそもそも、「プッシュ戦略」自体意外に効率の悪い戦略です。

 

相手が商品を欲しているかどうかわからない状態で営業をかけねばならないので、

とにかくまずはアタックしてみて、会話をする中で相手の必要性を喚起し

購買に結びつけるのが「プッシュ戦略」の基本。

 

当然、相手が求めていなければ、

いくら商品が良かろうと、アツいトークを繰り広げようと徒労に終わります。

 

生命保険など、全ての人に一定の需要があるものならともかく、

クリエイター業界はそうはいきません。

 

何せ、クライアントが商品を欲しているタイミングがあまりにもピンポイントすぎる。

 

営業に行ったら、

「たまたま人手が足りない案件があって、今すぐにでも任せたい!」

そんな都合の良いことはまずないでしょう。

(もちろん皆無ではありませんが)

 

だから、

本来クリエイターこそ、効果的に「プル戦略」を展開して、

お客様に自ら自分を求めてもらえるような環境を作るべきなのです。

 

マーケティングを上手に使えば、無駄に営業をかけることなく理想のお客様に出会える。

 

しかも、初めからお客様が自分を求めてきてくれていますから、

即座にお仕事につながることは間違いありませんよね。

 

これこそが、「マーケティングの究極の目的」なのです。

 

「プッシュ戦略」と「プル戦略」の合わせ技も

 

ちなみに、巷には

「プッシュ戦略」と「プル戦略」の合わせ技

なんかもあったりします。

 

住宅販売なんかがその典型。

 

まずはファミリー層が住むマンションに住宅販売のDMを投函することで、ターゲットに商品を認知させます。

 

そして、そのDMを見た人のうち、ある程度本気で住宅の購入を考えている人

 

「一度住宅展示場に足を運んでみようかな?」

「モデルルームの見学会に行ってみようかな?」

 

と考えて、現地へ足を運ぶわけですね。

(ここまでが「プル戦略」です。)

 

そのようにして住宅展示場に集まったお客さんは、

間違いなく住宅の購入を考えている人。

 

商品を充分に欲してくれているので、今度はそこに「プッシュ戦略」で営業をかけていく。

これなら効率良くターゲットにアプローチすることができます。

 

実は、クリエイターの販売戦略も究極的にはこの

「プッシュ戦略」と「プル戦略」の合わせ技

が有効だったりするわけですが、その話はまた後日にでも。

 

というわけで、

マーケティングの究極の目的はセールスを無くすこと!

というお話でした。

 

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です