「実績」には2つの種類があることを知っていましたか?

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

今日は、昨日に引き続き、

実績を作り出していくための具体的なアクション

についてお話していきましょう。

実績がないと食えないってホント??

2017.11.11

 

実績には2種類ある。

 

一口に実績といっても、実は

2種類の実績がある

ことをご存知でしょうか?

 

それは

「制作実績」と「取引実績」

です。

 

「制作実績」とは、

過去にどのような作品に関わったことがあるのか?

ということ。

 

大きな案件に関わった実績があるほど信用度は高くなります。

 

一方「取引実績」とは、

過去にどんなクライアントと取引をしたことがあるのか?

ということです。

 

これはもちろん大きな企業と取引している方が信用度は高くなりますが、それ以上に、

クライアントは、1度でも取引をしたことのあるクリエイターを信用しやすい

傾向にあります。

(もちろんいい仕事をすればですが。)

 

この2種類の実績、一般的には「制作実績」の方が重要視されます。

なぜなら、知名度の高い案件に関わっているということは、それだけで十分な「取引実績」もあると判断してもらえるからです。

 

しかしながら、駆け出しのクリエイターがいきなり大きなタイトルを勝ち取るのは至難の技ですよね。

 

ならばどうすれば良いか?

 

まずは「取引実績」を作ることに注力しよう!

 

そう、

「取引実績」を作ってしまえば良い

のです。

 

クライアント仕事においては、「制作実績」を作ることは受注者にはコントロール不可能な領域です。

どんな案件を任せてもらえるかはクライアントマターですからね。

 

しかし、「取引実績」ならばやり方次第でいくらでも作れます。

別に制作案件じゃなくても取引はできるからです。

 

例えば、

  • セミナーを開催する

  • 無料相談会を開催する

  • 視聴体験会を開催する

などなど、いくらでも方法はあるわけですね。

 

例えば僕は、大手アプリメーカーさん向けに

「失敗しないサウンド発注の仕方」セミナー

を開催して、それがきっかけで制作案件に繋がったこともあります。

 

先に取引実績を作って信用度をアップしてから、制作案件につなげていったわけですね。

 

このように、

比較的コントロールしやすい「取引実績」を中心に考える

ことで、戦略の幅は大きく拡大します。

 

そして!!

 

上記の例よりもっと簡単に、まだ見ぬ未来のお客様との取引を実現する方法があります。

 

それこそが、コンテンツマーケティングの真骨頂なのです。

 

この続きは、また明日お話しようと思います。

 

新時代のマーケティング手法については、僕のメール講座でも詳しくお伝えしていますので、興味のある方は是非ご登録くださいね!

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です