忘れられない思い出が、あなたを売れっ子クリエイターにする!

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

突然ですが、あなたには「忘れられない思い出」ってありますか?

(そりゃありますよね。)

 

当然、僕にもたくさんあります。

 

今日はそんな「忘れられない思い出」を作ることが、

あなたが売れっ子クリエイターになるためにとても重要なことですよ

というお話をします。

 

クリエイターのお仕事は「案件ベース」

 

クリエイターのお仕事は十中八九「案件ベース」です。

 

クライアントの中で何かしらの案件が発生した時に、初めてクリエイターの出番がやってくるわけですね。

 

この「案件ベース」というスタイルが、

クリエイターのお仕事を難しくしてしまっている大きな要因

だったりします。

 

なぜなら、

いつ案件が発生するのか?

ということをクリエイターは全く知る由がないからです。

 

完全にコントロール外。

 

多くのクライアントは、機密保持の観点から現在どんなプロジェクトが動いているのかを内密にするのが当たり前。

 

その情報がクリエイターに開示されるのは、

クリエイターに仕事を依頼する必要性が生じた時だけ

です。

 

つまり、

あなたが案件の発生を知る術は、あなたにお仕事を発注してもらう以外にない

ということになります。

 

それじゃどうやって案件獲得したらいいかわからないじゃん!

 

案件の発生を知る術がないなら、その案件を狙っていくことさえできない。

では、どうすれば良いのでしょう?

 

クライアントに案件が発生したタイミングで、

真っ先に自分の顔を思い浮かべてもらえるクリエイターになる

しか手立てはありません。

 

つまり、クライアントにとって

忘れられない、記憶に残るクリエイターであり続ける

必要があるのです。

 

一昔前は、それを接触回数で補っていました。

営業や接待などでクライアントとの接触回数を増やし、親密度を高めたクリエイターや事務所がお仕事を獲得していたわけです。

 

しかし、上記の方法は駆け出しのクリエイターには向きません。

 

接触回数の数がモノを言うということは、

長く続けている人ほど有利。

 

結果的に、

大御所クリエイターや大手事務所にはかなわない

ということになってしまうからです。

 

他にもデメリットはあります。

 

単純に接触回数や親密度が基準で選ばれるということは、すなわち

作品の魅力では選ばれていない

ということ。

(すでに作品の魅力が、世に認知されている大御所ならまだしも、駆け出しのクリエイターの場合はそうはいきません。)

 

仲が良ければ誰でも良いと言わんばかりに、付き合いの深さを基準にクリエイターが選定されるので、

決してあなたの作品を評価して依頼してくれるわけはないということ。

 

当然、作品の魅力で選ばれていないので、

無理な値引き交渉が入ったり、極端に短い納期を提示されたり

買い手有利な条件を飲まざるをえなくなります。

 

ですから、これからのクリエイターは

接触回数ではなく、他の方法で記憶に残るクリエイターにならねばならない

のです。

 

それを実現するのが・・・?

 

そう、マーケティングです!

(毎度毎度くどいようですが本当なので許してください。)

 

お客様の記憶に残る、お客様に忘れられない仕組みを、マーケティングによって作ることができます。

 

正確には、マーケティングの原則に基づいた導線設計方法には、ちゃんと、

「記憶に残す」というフェイズが組み込まれている

のです。

(これを考えた偉人たちはすごいですね。)

 

ですから、このテクニックをバッチリ活用してしまいましょう!

 

この、マーケティングの原則に基づいた導線設計については、また明日詳しくお話ししたいと思います。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です