選ばれるクリエイターになるために、一番最初にすべきこと

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

昨日は、あなたがクリエイターとしてバリバリ活躍するために踏むべき

3つのステップ

についてお話ししました。

バリバリ活躍しているクリエイターになるための「3つのステップ」

2017.11.17

 

【STEP1】見つけてもらう

【STEP2】記憶してもらう

【STEP3】ファンになってもらう

 

の3ステップでしたね。

 

今日は、これら3つのステップのうち、

【STEP1】見つけてもらう

に関する最も基本的な考え方をお伝えしましょう。

 

見つけてもらえる自分になるための公式

 

お客様に見つけてもらえる自分になるためのパラメータは、以下の公式で表すことができます。

 

独自性(USP)×露出回数(頻度&範囲)

 

独自性について

 

独自性とは、あなたと他のクリエイターとの決定的な違いのこと。

 

当たり前の話ですが、他のクリエイターと同じようなアピールをしていても、お客様に見つけてもらうことは至難の技。

 

以前、

「なんでもできます!」

というアピールがいかに無意味か?

というお話をしましたが、つまりはそういうことです。

尖れば尖るほどあなたの真の魅力がお客様に伝わる「2段構えのUSP戦略」

2017.11.09

 

人とは違う、あなただけの際立ったアピールポイントがあってはじめて、お客様に見つけてもらえる存在になれるのです。

 

そしてそのためにこそ、

尖りに尖ったUSPが必要不可欠

ということですね。

 

露出回数(頻度&範囲)について

 

露出回数とは、お客様の目に止まる場所に

どれだけ数多く出向いたか?

 

加えて、

どれだけ広い範囲で行動したか?

 

ということを表しています。

 

ここでは便宜上、「出向いたか?」という言葉を使っていますが、

これは何もリアルな世界だけの話ではありません。

ネット上での露出も含まれるわけですね。

 

特に昨今はSNSが爆裂に普及してますから、自宅だろうがオフィスだろうが、カフェだろうが温泉宿だろうがどこでも露出することができます。

(温泉宿で露出というのはそういう意味ではありません。)

 

当然のことながら、全く露出しない人と、たくさん露出する人では、後者の方が見つけてもらえる可能性が高くなります。

 

さらに、限られた交友関係の中だけで露出するのではなく、より多くの人の目に触れる場所で露出することも、あなたがお客様に見つけてもらうためには大事なこと。

 

このように、

際立った特徴を持つ人が広範囲に渡って頻繁に露出する

ことで、そうでない人よりも断然お客様に見つけてもらえる可能性が高くなるというわけですね。

 

ということは・・・?

 

お客様に見つけてもらうためにあなたがすべきことはいたってシンプル。

 

メッチャ目立つ!

メッチャ出しゃばる!

 

これだけです。

 

簡単でしょ?

 

ただし、ただ闇雲に目立って、闇雲に露出すればよいというわけではありません。

効果的な手段を取らねば、

ただのウザい人

になりかねませんからね。

 

しっかり戦略的に考えて取り組みましょう!

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です