これからの時代は「オールマイティ+USP型」クリエイターを目指せ!

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

今日は、

これからの時代に大活躍できる新しいクリエイターのポジション

についてお伝えしたいと思います。

 

パソコンやインターネットの発達で、プロアマ問わず、誰もが自由に作品作りを楽しむことができるようになりました。

 

それに伴い、プロクリエイターの数も年々増加の傾向があるように感じます。

 

クリエイター界隈はもはや供給過多。完全なレッドオーシャンです。

 

そんな時代を生き抜くための、新しいクリエイターのポジションがあります。

 

それこそが、

「オールマイティ+USP型」クリエイター」

なのです。

あなたの価値を何倍にも高める魔法の言葉「USP」

2017.11.08

 

時代の変遷に伴う、クリエイターに求められるスキルの変化。

 

今から30年以上前、クリエイターは自分の得意な分野を中心にお仕事を請け負うのが当たり前でした。

音楽で言うと、クラシック出身の作曲家が、ロックやダンスミュージックにまで手を出すことは非常に稀だった時代です。

 

この頃重要視されていたのは

「専門性」

その道のプロが多くない時代だったからこそ、その専門的技術に価値が置かれる時代だったのです。

 

その後、テクノロジーが発達して、コンピュータを駆使した制作環境が主流になっていくと、今度は何でもできるオールマイティなクリエイターが重宝されるようになっていきます。

 

この頃重要視されたのは

「汎用性」

クライアントのあらゆるニーズに応えられる、対応力のあるクリエイターが市場に求められるようになっていったのです。

 

そして現代。もはやコンピュータを使った制作は当たり前。アマチュアの人でさえ、自身の表現活動を謳歌すべくコンピュータを駆使している時代です。

 

そんな現代となっては、

オールマイティに対応できることは当たり前

「汎用性」に価値が置かれる時代は終わりました。

 

だからこそ、これからの時代は「汎用性」と「専門性」双方を併せ持つ、

「オールマイティ+USP型」クリエイター」

になっていくことが大事なのです。

 

オールマイティな対応力で、クライアントの信頼感と安心感を築き上げ、その上で、独自の強みである「USP」を掲げ、頭1つ抜きん出た能力でクライアントを魅了していくのです。

 

これからはそのようなクリエイターが大活躍する時代がやってきます。

 

あなたもぜひ、この

「オールマイティ+USP型」クリエイターを

目指してみてはいかがでしょうか??

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です