月商200万よりも月商400万の方が楽に達成できるという現実。

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

普段ビジネスについてあれこれ語っておりますが、

 

そもそも稲毛はいくら稼いでるのよ?

 

と思われる方もいるかもしれません。

 

なので、今日は思い切って、

稲毛の11月の月商を公開しちゃいたいと思います!!

 

稲毛の11月の月商は、

 450万円でした。

(年商ではなく月商です。)

 

世の中にはもっと稼いでいる人もいるので、特段驚くほどの数字ではないかもしれませんが、

少なくとも

同世代のサラリーマンの平均年収を超える月商。

 

そのうち8割が粗利

ですし、現在新事業立ち上げの初期段階ということを考えれば、個人的にはなかなか良い数字なんじゃないかなぁと思います。

 

なんでいきなり月商を公開しようと思ったか?

 

先に言っときますが、

別に自慢したかったからではありません。

 

この450万という数字、明らかに僕のこれまでの売上げとは違う原因で生み出されている!

 

そのことをお伝えしたかったからなんです。

 

実は、去年までの僕の月商は

多くて250万程度。

 

この250万という数字を出すために、僕は死ぬ思いで働いていました。

毎日ヘトヘトになるまで働いていたし、休みもほとんど取らなかった。

年商2000万円と引き換えに失ったもの

2017.10.01

 

何より、毎日のようにやってくる締切。

 

いくら好きなことを仕事にしているとはいえ、

結構ストレスフルでした。

 

大きな病気をしなかったから良いものの、その代わり

激太りすることになります(笑)。

 

売上の増加に比例して増える体重。

貧乏時代と比べると、

なんと18kgも太ってしまいました。

 

「こんだけ働いて月250万だと、売上1億なんて夢のまた夢だなぁ。」

 

以前もお話した通り、クリエイターのお仕事はその多くが

「実働=収入」。

 

その構図をぶち壊さない限り、事態は改善しないことを悟ってしまったわけですね。

 

そんなわけで、働き方を変えてみました。

 

そんなわけで、今年から

思い切って働き方を改善しよう!

と、様々なチャレンジに取り組んできました。

 

実働と比例関係にないビジネスを作ること

に全エネルギーを注いでいったわけです。

(ついでにダイエットにも励んで15kg痩せました…。)

 

その結果生み出されたのが、月商450万円という数字。

 

実は、このうち約8割が実働と比例関係のない収入なんです。

ヒーコラ言って250万売上げていた頃よりも、明らかに少ない労働時間で達成することができています。

 

その証拠に、毎日こうしてメール講座やブログを書くことができていますし、

ほぼ毎日20時には帰宅して家族との団らんの時間を取れています。

 

力押しでガンガン働いても決して出すことのできなかった数字。

それをいとも簡単に出すことができたわけです。

(とはいえ相応の準備はしましたが。)

 

アインシュタインはこのように言っています。

 

「問題は、それが起きたのと同じレベルで解決することはできない」

 

これまでのような働き方を続けていても、決して成し得なかった売上。

 

それを、

問題に対する視点を変えてより高い次元で解決に当たってきた

からこそ、達成することができた数字だと自負しています。

 

もちろんこの結果は、偶然生まれたものではありませんので、

今後も確実に、より多くの収益を出すことができるようになっていくことでしょう。

 

今後がますます楽しみな毎日です。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です