気づいたら、ゲーム機を買う動機が変わっていた。

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

あなたは、テレビゲームはお好きですか??

 

最近はスマホアプリでサクッとゲームが楽しめるようになりましたから、わざわざゲーム機を買ってまでプレイするという方は少なくなってきましたね。

 

ちなみに僕は昔から

ゲームが大好き

でした。

 

特に我々の世代は、ファミコンの誕生と同じ時期に生まれていますから、物心ついた時からずっとテレビゲームに触れ合ってきたいわばゲーム黄金期世代

 

子供の頃は、友達同士で集まってワイワイ遊んだものです。

 

そんな僕も、ゲームメーカーを退職してからは、

ほとんどゲームをやらなくなってしまいました。

 

もちろん、仕事柄研究のためにゲームをプレイすることこそありますが、仕事が忙しくなってくれば、娯楽のためにじっくり腰を据えてプレイするということも難しくなっていきます。

 

心の中では、

「たまには難しいこと全部忘れて一日中ゲームで遊びたいなぁ。」

なんて思ったりもしましたが、買おう買おうと思っていたPS4もNintendo Switchも、結局買わずじまいになってしまっていたんですね。

 

そんな僕が、先日ついに!!

 

PS4を買いました!!

(今更かよw)

 

 

ただし、自宅用ではなく会社用。

 

そして、久々にゲーム機を買ってみて、

自分の中でゲーム機を買う動機が明らかに以前と違うものである

ということに気づいたんです。

 

選ぶソフトが以前と明らかに違った。

 

以前は、自分が楽しみたくて、ワクワクする非現実的な世界に飛び込みたくて、ゲームを買っていました。

 

買うソフトも、自ずと一人で没頭できるロールプレイングゲームやシミュレーションゲームなどを中心に買っていたように思います。

 

でも、今回PS4と同時に購入したソフトは、明らかに以前とは毛色の違うものでした。

 

みんなでワイワイ遊べる、対戦格闘やパーティものなどを中心に選んでいたんです。

 

『FFXV』とか、『仁王』とか、『GTA』とか『A列車で行こう』とか、

PS4買ったら絶対やりたい!

 

と思っていたゲームがいっぱいあったはずなのに、

そういうゲームはなぜか一本も選ばなかった

んですね。

(しかも無意識のうちに。)

 

そして、気づきました。

自分がなんのためにPS4が欲しかったのか?を。

 

僕はゲームで遊びたいわけじゃなかった。

 

僕は、自分がゲームをして遊びたかったわけじゃなかったのです。

 

仲間と一緒にゲームをしてワイワイ盛り上がる時間

が欲しかったのです。

 

ゲームそのものを楽しむのではなく、仲間とともに過ごす時間を楽しむためのツールとして、PS4を買ったのです。

 

去年、テンペストスタジオでは、社内ゲーム大会を開催しました。

その時は、メンバーが持っていたレトロゲームのエミュレータで懐かしのゲームをプレイしました。

 

みんなゲーム世代ですから、

それはそれは大いに盛り上がりました。

 

(その様子がコチラ。)

 

その時間が楽しかったから、みんな喜んでくれたから、今度はスタジオで盛大にゲーム大会をやろう!

そう思って、PS4を買ったのだということにようやく気がついたのです。

 

そんな自分の心境の変化に気づいて、改めて

「自分は仲間が大好きなんだな。」

「そんな風に思わせてくれる仲間に囲まれて幸せだな。」

ということを再認識しましたし、

 

「仲間とのコミュニケーションを盛り上げてくれるツールとしてのゲームもいいもんだな。」

 

と感じた次第です。

 

これからは躊躇せずゲーム買うぞ!

 

そんな気持ちにさせてくれた、貴重な体験でした。

 

そして最後にひとこと。

 

任天堂さん!!

ずっとSwitch買いたくて何度もチャレンジしてるんですが、

ニンゴジラに阻まれて買えません!!

 

それだけお伝えして今日の記事を終えたいと思います。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です