「お仕事ください!!」で仕事がもらえたら苦労しません。

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

クリエイターがお仕事を獲得しようとするときに

ついつい使ってしまいがちな言葉

があります。

 

それは、

「お仕事ください!!」

というもの。

 

僕も、駆け出しの頃にうっかり使ってしまっていたことがありますし、あなたにも心当たりがあるかもしれません。

 

クリエイターにとっては、

仕事の有無がそっくりそのまま食っていけるかどうかに直結

しますから、

 

仕事獲得に焦るがあまり、

「お仕事ください!!」

という言葉を使ってしまうクリエイターが多く見られるのも無理はないのかもしれません。

 

しかしながら、大変皮肉なことに

「お仕事ください!!」

と言っているうちは、

そのクリエイターにお仕事が舞い込むことはないでしょう。

 

なぜなら、その言葉を発する背景には、

クリエイター側の自分本位な思い

が見え隠れするからです。

 

そもそも仕事は「もらう」ものではない。

 

本来、お仕事とは

「もらう」ものではなく「してあげる」もの。

 

「買ってください!!」

というのは、売り手側の都合であって、

買い手側にとってははっきり言ってどうでもいいことです。

 

顧客目線で考えれば当たり前の話ですよね。

 

顧客から見れば、

そのクリエイターに仕事を依頼する価値がある

からこそ、お金を払ってまでお仕事をお願いしたい思うものです。

 

もしあなたが、全くお腹も空いてないのに、定食屋の店主から

 

「うちで食べてってください!!」

「お願いだから食べてってください!」

「僕にお仕事をください!!」

 

なんて言われても、とてもそこで食事をする気にはなれないと思います。

 

逆に、十分にお腹が空いていて、「何か食べたいなぁ」と思って食事処を探している時に、美味しそうな定食屋が目に飛び込んできたなら、

“自然と”「ここで食事をしていこうかな?」という考えに至りますよね?

当たり前の話です。

 

仕事とは、価値と価値の交換。

 

取引するにあたって、双方にメリットが発生するからこそ、そこにお仕事が生まれるのです。

 

「お仕事ください!」

と言う前に、

 

  • どうやったらお客様が喜んでくれる自分になれるか??

  • お客様にとって価値を感じてもらえるような商品・サービスとはどんなものなのか?

 

そのことについて、

脳みそから血が出るほど

考えましょう。

 

お客様のニーズを理解し、そのニーズに応えうる自分自身になることを最優先で考えましょう。

 

自身が提供する商品・サービスが、顧客の問題解決願望実現に役立つものであることを顧客に正しく伝えることさえできれば、人ひとりが食っていけるだけのお仕事を生み出すことなんて、さして難しいことではありません。

 

今になって思えば、貧乏時代の僕は自分の生活や仕事獲得にばかりフォーカスしていて、お客様のベネフィットを考える余裕はなかったように思います。

しかし、その考えを根本から正し、お客様の目線でものを考えられるようになってからはどんどん仕事も増えていきました。

 

今では、

「お仕事ください!!」

なんて言わなくたって、

お客様の方から自然と僕を求めて下さるようになりました。

 

自分のエゴではなく、お客様に満足してもらうことから思考することが、

あらゆるビジネスを成功へ導く唯一無二の原則です。

 

もしあなたが、今日の話に心当たりがあるならば、是非今日から

お客様目線での思考パターン

に切り替えて見てはいかがでしょうか?

 

それこそが、あなたが活躍していくための、最高最善の方法なのです。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です