一流と超一流を分けるもの

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

僕は、小中高と吹奏楽部でトロンボーンを担当していました。

(結構上手だったんですよ!)

 

吹奏楽部での思い出は数え切れないほどあるのですが、特に中学時代の顧問の先生は、

僕の音楽観に大きな影響を与えてくれた、偉大なる師

でした。

 

そんな先生が放った言葉の中で、未だに僕の音楽制作の指針となっているものがありますのでご紹介したいと思います。

 

それは、

「一流と超一流を分けるのは音色だ。」

というものです。

 

超一流は音色で魅せる

 

当時、僕の地元米沢に

「ブラッセリーベルリン」

という、ベルリンの4大名門オーケストラに所属する首席奏者だけを集めた、とてつもなく豪華な金管アンサンブルグループがやってきました。

 

大変幸運なことに、我々学生たちはその講演を無償で聞くことができた上に、その後レクチャーまでしてもらうことができたのですが、その講演を聞いた後の顧問の先生の発言が、上記のものだったというわけです。

 

ブラッセリーベルリンが奏でる超一流の「音色」に多大な感銘を受けての発言

ということですね。

 

その言葉の真意は、

「一流は技術で魅せる。超一流は音色で魅せる。」

ということなのですが、

 

より詳しく説明すると、以下の通りとなります。

 

  • 精巧な技術だけなら、毎日懸命に練習すれば誰でも身につけることができる。

  • しかし、それだけでは超えられない壁がある。

  • 超一流は音色がズバ抜けて美しく、音色そのもので人を感動させることができる。

 

故に、

技巧的には決して難しくない曲にこそ、一流と超一流の差が顕著に現れる

ということですね。

 

実際、ブラッセリーベルリンが演奏したバッハの名曲「主よ、人の望みの喜びよ」を聞いた先生は、その音色のあまりの美しさに、終始涙が止まらなかったそうです。

 

当時の僕のレベルではその言葉の意味を深く理解するまでには至りませんでしたが、

子供なりに

「へー、そうなんだ!覚えとこ!」

と、重要なこととして認識し、その後の音楽活動に勤しんできました。

 

そして、プロになって数年ほど経験を積んだ時でしょうか。

 

ようやく、当時先生がおっしゃっていた

「超一流は音色で魅せる」

という言葉の真意が、体感として理解できるようになったんです。

 

そしてこのことは、

プレイヤーだけでなくクリエイターにも言えること

ということにも気づきました。

 

超一流のサウンドにはスピリットが宿る

 

あなたは、国外のトップクリエイターたちが作ったトラックを聞いたことはありますか?

(音楽クリエイターなら当然あると思いますが。)

 

彼らが作るトラックは、

極端に音数が少ない

ことにお気づきでしょうか??

 

下手すると、ヴォーカルとベースとキックしか鳴っていないなんてこともザラにありますが、裏を返せば、

それだけでも十分すぎるほど充実したサウンド

に仕上がっているのです。

 

そして例外なく、

一発一発の音色にものすごい説得力とエネルギーを感じるサウンド

になっています。

 

今日日、作編曲家といえど

作編曲だけやっていれば良いという時代ではなくなりました。

 

DAWの普及によって、誰でも自作曲を音源化することができるようになった昨今。

音楽クリエイターの仕事は、楽譜上の表現だけでなく出音そのものにまで及んでいます。

 

こと編曲に関しては、その技術を学び、鍛錬を重ねることで誰でも高いレベルの編曲スキルが習得可能です。

 

しかしながら、いくら良い曲が書けても、精巧で魅力的なアレンジを施すことができても、

出音に説得力がなければ、その作品の魅力は激減します。

 

もちろん、良い出音を作り出すのにも高い技術は必要です。

(楽器をしっかり鳴らすのにも当然技術が必要なのと同様に。)

 

しかし僕は思うのです。

 

超一流が奏でる音には、技術だけではないスピリットが宿っている

と。

 

その音を奏でる人自身の魂が込められた音だからこそ、音色だけで人を感動させられるのだと。

 

音に魂を込めるというのは、一朝一夕でできるものではありません。

寝ても覚めても良質な音色を奏でることを追求し、己の理想とする究極の音色を追い求めた人だけがなせる技です。

 

そして、その飽くなき探究心の先に、

その人の魂が色濃く反映された、説得力のある音色が生まれる。

 

僕はそのように考えています。

 

これからの時代に活躍するために

 

これからの時代、

その人にしか奏でることのできない音奏でた人だけが生き残る時代

です。

 

あらゆる方面で2極化が囁かれていますが、このことはクリエイターにとっても例外ではありません。

 

本当に活躍するクリエイターとそうではないクリエイターを分けるものは、間違いなく

その人が奏でる音色に魂がこもっているかどうか

にかかっています。

 

トップヴォーカリストがアカペラで圧倒的パフォーマンスを披露して人を感動させることができるように、

 

圧倒的熱量を持ってこだわり抜いた先に生まれる”そのもの”が人の心を動かす

ということを、現時点から念頭に置いて創作活動に励むことこそが、

 

あなたがこの先大活躍していくために最も重要なこと

だと僕は思います。

 

あなたはどう思いますか?

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です