「ノルマ」ありのイベントに出演してはいけない論理的根拠。

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

音楽クリエイターの中には、ライブやコンサートを開催された、または出演された経験がある方もいらっしゃると思います。

(当然僕もあります。)

 

そんなライブに関してよく聞くのが

「ノルマ」問題。

 

僕は、この「ノルマ」というシステムが

 

大嫌い!!!!

 

です。

 

はっきり申し上げましょう。

 

もしあなたが、「ノルマ」を余裕で達成できるくらい十分な実力と魅力を持ってらっしゃるならば、

「ノルマ」ありのイベントには出演してはいけません!!

(マジで。)

 

もちろん、「ノルマ」の有無に関わらず、ご自身が出演したいイベントであるならば、この限りではありません。

 

しかし、そのイベントに出演する理由が

 

  • 収益をあげたい

  • ファンを増やしたい

 

など、この先のビジネス拡大を期待してのものならば、「ノルマ」付きのイベントには出演しないことをおすすめします。

 

なぜノルマ付きイベントはダメなの?

 

その理由を、論理的に解説していきましょう。

 

そもそも、出演者に「ノルマ」を課す主催者はどのような人でしょうか??

 

間違いなく、

自分一人の力で集客できない人

です。

 

つまり、

 

「ライブはやりたい!しかし、自分の力だけでは諸々の経費をペイして黒字にすることができない!」

 

という、非常に頼りない主催者ということ。

 

だからこそ、他の出演者の力を借りて集客しようとしているわけですね。

 

そして何より、このようなイベントに集まるお客さんは、

ほとんどが出演アーティストの友人・知人

です。

 

つまり、

自分を誘ってくれたアーティスト以外のパフォーマンスには一切興味を示しません。

 

そのお客さんを呼んだアーティストの出番の時だけ来場し、それが終わったらそそくさと帰って行くのが常。

他のアーティストの演奏まで律儀に聞いてくれる人などほとんどいないことは、皆さんも実体験でご存知なのではないでしょうか?

 

特定のアーティストのパフォーマンスだけでなく、イベント全体を楽しみに来てくれるお客さんを集めるには、そもそも

イベントそのものが魅力的

でなくてはなりません。

 

そして、 イベントの魅力で集客するためには、

「企画力」と「マーケティング力」が必要不可欠です。

 

「ノルマ」付きのイベントを開催する主催者に、「企画力」と「マーケティング力」などありません。

 

それが出来てるなら、「ノルマ」など課さなくても、イベントを黒字にすることは可能なはずですから。

 

優れたイベンターはトリプルWinを生み出す。

 

そもそも、「ノルマ」なしで十分集客できるイベントを企画運営できる主催者にとっては、

わざわざ「ノルマ」など課さない方がメリットが大きい!

ということもお分かりいただけるでしょうか?

 

「ノルマ」を課すということは、逆に

「ノルマ」を超えた分は歩合でギャラを支払う

ということ。

 

一方、ノルマなしならば出演者に固定のギャランティを支払いさえすれば良い。

つまり、必要以上に経費が膨らむことなく、より大きな粗利を手元に残すことができるわけです。

 

そして、出演者にとっても、

  • 固定のギャラがもらえる

  • 自分で集客に奔走する必要がない

  • 来場したお客さん全員が自分のファンになってくれる可能性を秘めた見込み客である

などなど、いいことづくし。

 

主催者にとっても嬉しい。

出演者にとっても嬉しい。

お客さんにとっても嬉しい。

 

まさに、

Win-Winを超えた、トリプルWinのイベント

になるのです。

 

いかに「ノルマ」ありのイベントが不毛で、出演する価値のないものであるかがお分かりいただけたでしょうか?

 

もしあなたが今後イベントへの出演依頼を受けたなら、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です