仕事をほっぽり投げて伯父に会いに行ってきた

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

私ごとで恐縮ですが、僕の伯父が亡くなりました。

(67歳の若さでした。)

 

何かと破天荒な言動で周囲を振り回すことも多かった伯父ですが、独り身で子供もいなかったこともあって、僕たち甥っ子姪っ子を実の子供のように可愛がってくれました。

 

色々なところに遊びに連れて行ってくれたり

美味しいものたくさんを食べさせてくれたり

おもちゃを買ってくれたり

一緒にゲームをしてくれたり。

 

本当にいい伯父さん

でした。

 

伯父は比較的若い頃から頭が薄かったので、従姉妹と小遣いを出し合って

育毛剤をプレゼント

したこともありました。

 

僕らは半分悪ふざけのつもりでしたが、伯父は喜んで使ってくれました。

(効果はあまりなかったようだけど。)

 

とにかく、

僕らは伯父さんが大好きだったし、伯父も僕らを心底愛してくれました。

 

突然の訃報。

 

そんな伯父が亡くなったと知らせを受けたのは月曜のこと。

 

僕は、迷わず通夜・葬儀への出席を決めました。

 

死に目には立ち会えなかったけど、せめてあの世へ旅立つ前に、直接感謝の気持ちを伝えて送り出してあげたいですからね。

 

とはいえ、この時期僕ら音楽家には

山のように仕事があります。

 

締め切り間際の案件もたくさん動いていました。

 

通夜・告別式のためには最低2日間は地元へ帰らねばなりませんので、

その間仕事はできません。

 

まさに、

どげんかせんといかん

状態なわけですね。

 

で、僕はどうしたかというと、

自分の仕事を全てバラすことにしました!

 

つまるところ、先日お話しした「断捨離」です。

仕事を「断捨離」するという発想。

2018.01.04

 

伯父の通夜・告別式への出席は甥っ子である僕でなければできないこと。

伯父とのお別れに立ち会うこと以上に僕が今優先してやるべきことはないからです。

 

仕事を全て放り出すのは、フリーランスの作家にはなかなか勇気のいることですが、

幸いなことに、僕には頼れる仲間たちがいます。

 

僕の有事には、喜んで代打を引き受けてくれる心強い仲間たちです。

 

「家族との時間を優先してください!」

「こういう時こそ力になりたいので!!」

 

自分たちも忙しいにも関わらず、このように僕を送り出してくれる素晴らしい仲間たちがいる。

だからこそ、即座にこのような選択ができるわけだし、支えてくれる仲間たちに深く感謝すると同時に、

 

自分はなんて幸せ者なんだ!!

 

とつくづく感じるわけです。

(みんな本当にありがとう!!)

 

仕事をバラすなんて以前の僕にはできなかったかも。

 

今でこそ、

愛する家族のためなら、何を犠牲にしてでも時間を使う!

と決めて実行している僕ですが、

 

以前の自分に、そんな勇気があっただろうか?

と考えてしまいました。

 

ようやく貧乏を脱する兆しが見えて、

 

「今が頑張りどき!!」

「ここが勝負!!」

 

という時に同じような状況に陥ったら、

 

迷わず仕事をバラして地元に帰るという決断ができただろうか??

 

そう考えると、なかなか怖くて決断できなかったのではないかと思うわけです。

 

そして、学びました。

 

「愛を最優先事項として生きていく!」

と、いくら強く思っていても、それを実行に移せるだけの

 

  • 裁量権

  • 経済力

  • 人間関係

 

といった資産が整っていなければ、結局のところ

画に描いた餅

 

大切な人を大切にしたいと思うならば、何よりも先に

 

なんとしてでも自分が豊かになる!!

 

という強いコミットメントで生きることが何よりも大事なのだなぁと、身にしみて感じた今日この頃です。

 

 

あなたはどう思いますか??

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です