場所に捉われない自由な働き方を実現するために解決すべき問題とその解決法。

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

前回は、経済的自由、時間的自由に加えて

「場所の自由」

を獲得することこそが、次世代クリエイターが

自由に自分らしく成功して行くために重要な課題である

というお話をしました。

経済・時間・場所 全ての自由を手にいれよう!

2018.01.18

 

こと音楽クリエイターに関しては、

 

[1] 既存の産業自体が中央集権

[2] 海外進出を考えると国際線へのアクセスが重要

[3] クォリティ確保のためにはスタジオでの作業がマスト

 

という

3つの枷

があるために、どこでも仕事ができる!とは言えない状況が続いています。

 

ですから、

「場所の自由」

を獲得するためには、上記3つの課題を全てクリアして行く必要があります。

 

ひとまず課題を整理してみよう。

 

上記の課題のうち、

最も簡単にクリアできる問題は[1]です。

 

既存の音楽業界の中だけで仕事をしていると、どうしても中央集権のモデルから脱却できませんが、

 

どこにいても仕事ができるビジネスモデルそのものを自分で作ってしまえば、一気にその問題は解決してしまう

 

からです。

 

つまり、解決できるかどうかは自分次第ということになります。

 

次に解決の見込みが高いのが[3]ですね。

 

この問題に関して、最もシンプルな解決方法は

複数の拠点を構える

という手段です。

 

メインのスタジオは東京にあるけど、地方の別宅や実家などに、同様の制作環境を整えてしまえばよいという話です。

 

レコーディングなど、他者が絡む仕事はしにくくなりますが、幸いなことにすでに

 

  • オンラインでの共作

  • 遠隔ディレクション

 

などの仕組みが整いつつあります。

 

世界中のプレイヤーと場所を気にせず音楽制作が行える環境が徐々に普及してきていますから、この問題を解決するには、

単にお金と時間の問題

といってもいいでしょう。

 

※個人的には、近所のカフェや電車の中など真の意味で場所にとらわれないいわゆる「ノマド」を実現したいので、それを解決するにはまだまだ課題は山積みですけどね。

 

最後に、最も解決が難しいのは[2]ですね。

 

国際線の発着が可能な空港を自ら作るのはまず不可能だから

です。

 

飛行機をチャーターするという手はありますが、それは相当な大富豪にならないと難しい。

 

ゆくゆくはそんなこともできるようになりたいなぁと思ったりもしますが、現時点ではまだまだ難しいでしょう。

 

ということで、最も解決難度が高い[2]を除いては、

比較的早期に解決できる問題

ということになります。

 

「場所の自由」を得るために、着手すべき課題と順番

 

もしあなたが、場所にとらわれない自由な働き方を目指すならば、

着手すべき課題とその順番[1]、[3]ということになります。

 

まずは、

 

業界の枠組みにとらわれない独自のビジネスモデルを確立し、どこにいても十分な収益を得られる「仕組み」を整える

 

こと。

 

業界の枠組みにとらわれないモデルを確立することで、

中央集権状態からの脱却と同時に、経済的基盤を確保し、「仕組み」による価値提供で時間的自由も確保する

ことができます。

 

何を差し置いても、

まずはこれが最優先

ですね。

 

そして、そこで得た「経済的自由」「時間的自由」を利用して

複数の拠点を構え、どこにいても仕事ができる状態を作っていく。

 

複数の拠点を持っておけば、

 

東京にいたい時には東京で

地方にいたい時には地方で

海外にいたい時には海外で

 

という働き方が可能になりますから、海外との行き来も苦にはなりません。

 

コントロールしやすい課題から順に解決していく

ことが、自由な働き方を実現するために重要なことですね!

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です