「クォリティ」に対する解釈の相違が無用なトラブルを産む!?

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

常々、このブログで

クォリティが大事!!

「この曲、◯時間で作ったんですよ!」というくだらない主張。

2018.01.09

 

ということを、お伝えしておりますが、実はこの“クォリティ”という言葉。

 

立場によって捉え方が全く変わる

ということをご存知でしょうか??

 

あなたは

作品の“クォリティ”

と言ったら真っ先に何を連想しますか?

 

僕の場合は、サウンドクォリティ。

音質や出音そのものの品質を真っ先に連想します。

 

しかしながら、音楽のクォリティというのはサウンドクォリティだけで決まるものではありませんよね。

 

  • メロディラインの美しさ

  • ハーモニーの美しさ

  • アレンジの精度

  • プログラミングの精度

 

などなど、

様々な要素に“クォリティ”という概念は存在する

わけです。

 

しかし、さらに大きな意味での”クォリティ”が存在する

 

上記に挙げた”クォリティ”は全て

クリエイター目線でのクォリティ。

 

クライアントなど、音楽の専門家ではない人が用いる“クォリティ”という言葉には、

さらに別の意味がある

ことをご存知でしょうか?

 

クライアントがいうクォリティと、クリエイター目線のクォリティ。

双方に微妙な解釈のズレがあるということです。

 

  • メロディラインの美しさ

  • ハーモニーの美しさ

  • アレンジの精度

  • プログラミングの精度

  • 出音そのものの品質

 

といった、クリエイターが重要視するポイントは、

その分野における高い専門性とそれを聞き分ける耳を持ち合わせた人にしか判断できない領域

です。

 

しかしながら、我々にお仕事を発注してくださるクライアントの多くは、

音楽の専門家ではありません。

 

もちろん、ゲームサウンドディレクターさんやレコード会社のディレクターさんなど音楽の専門家からの発注に関してはこの限りではありませんが、昨今増えているスマートフォンアプリの音楽制作などは、ゲームプランナーさんを筆頭に、音楽の専門家ではない方からの発注が大部分を占めます。

 

ですから、

音楽の専門家から見たクォリティとそうではない人が感じるクォリティ

この部分の微妙な違いを上手に捉えてあげることが、円滑に業務を進めていく上で重要なスキルなのです。

 

音楽の専門家でない人のいうクォリティとは、単に

・いい曲かどうか?

・コンテンツにマッチしているか?

この2点に限られます。

 

彼らは、アレンジや打込みはもちろん、出音のクォリティのことを

ほとんど気にしていません。

 

専門性が要求されるポイントなので、当たり前っちゃ当たり前の話です。

 

アレンジの完成度が高いか?サウンドクォリティが素晴らしいか?

ということはさておき、単に、

 

「めっちゃいい曲!!」

「(ゲームや映像などの)コンテンツがめっちゃ引き立つ!!」

 

と思えるような楽曲であれば、

“クォリティが高い”と判断してもらえる可能性が高い

わけですね。

 

解釈の相違が産む、無用なトラブル

 

この解釈の相違を理解しておかないと、無用なトラブルに巻き込まれることがあります。

 

例えば、もしあなたが何度か取引しているクライアントさんに

「以前の方がクォリティが高かったですねぇ。」

といったリテイクをもらったとしましょう。

 

こんな雑なリテイクを投げてくるクライアントさんはまずいませんがあくまでわかりやすい例として。

 

ここでいう“クォリティ”の意味を専門家目線で判断してしまうと、

 

以前よりもアレンジやサウンドクリエイトの技術はアップしているはずだし、制作環境もアップデートした。

クォリティは確実に上がってるはずなのに何故?

 

という疑問に苛まれることになります。

 

しかし、クライアントさんがいう「以前の方がクォリティが高かった」という言葉の真意が、

「以前の曲の方が好みだった!」

という意味だったらどうでしょう?

 

アレンジやサウンドクリエイトの技術でなく、楽曲のそのものの問題

 

あれやこれや修正するより、

先方が好きそうな楽曲を一から書き直した方が素早く要望に答えられる

ということになりますよね。

 

このように、

一口に“クォリティ”といっても様々な捉え方がある

ということを念頭に置いて仕事に望むことが、あなたが活躍していくために重要なポイントなのです。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です