無計画な安売りはダメ、絶対!!

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

昨日もお話した通り、原則として

クリエイターが自分の技術を安売りすることはご法度

です。

なぜWAVESは大安売りを続けても潰れないのか?

2018.01.30

 

なぜダメかというと、

「実働=収益」という図式の上に成り立っているから

です。

 

毎度オーダーメイドの作品を作らなければならない場合を考えてみましょう。

 

1作品あたり100万円で受託した場合と、1万円で受託した場合、

同じ100万円売り上げるために作らねばならない作品数は

  • 前者は1作品

  • 後者は100作品

ということになります。

 

後者の場合、労働時間に無理が生じることは火を見るより明らかですよね。

 

ですから、1作品100万円とまでは言いませんが、

それなりに高額な金額で販売しなければ、クリエイターは生きて行くことができない

ということになります。

 

それに、一人が安売りを始めてしまうと、

同じレベルのクリエイターみんなが迷惑する

という事情もあります。

 

クライアントから、

「他のクリエイターさんは1万円で引き受けてくれたよ!」

なんて言われようものなら、渋々同じ条件を飲まざるを得ないなんてことにもなりかねませんからね。

 

ですから、基本的に

クリエイターは高く売る!

 

そのスタンスでいきましょう。

 

薄利多売も不可能ではない!?

 

ただし、

戦略的なサービス設計の上に成り立つビジネスモデルなら、クリエイターでも薄利多売は可能

だったりします。

 

これは、

実働と収益に比例関係がない場合に限り有効

です。

 

その代表的なものが、CDの販売です。

 

CDとはすなわちソフトウェア。

一度作品が完成してしまえば、あとはそのデータのコピーを販売するだけで収益が上がるモデルというわけです。

(ダウンロード販売も同様に。)

 

ですから、実働と収益に比例関係がなく、

売れば売るほど収益が上がる仕組み

と捉えることができます。

 

ただし、このご時世、

お金を払ってまで音楽を聴きたい人というのはそうそういるものではありません。

某アイドルグループがヒットチャートを独占している理由をわかりやすく解説します。

2017.12.22

 

ですから、CDやダウンロード販売など、作品そのものを直接販売するモデルとは違う、

新しい方法でマネタイズを考えて行くこと

が必要になります。

 

その方法については、また今度詳しくお話するつもりですが、今日のところはとにかく、

 

  • 高く売った方が良いもの=実働と収益が比例関係にあるもの

  • 薄利多売が成立するもの=実働と収益が比例関係にないもの

 

この図式を覚えていただきたいのです。

 

もちろん、実働と収益に比例関係がないものを高く売るのがベストです!!

 

ターゲットによってビジネスモデルは変わる

 

音楽クリエイターを例に考えると、

  • 劇伴音楽やゲーム音楽などのBGM制作

  • アーティストさんへの楽曲提供

などの、

BtoB案件(対企業向け取引)

は、全て前者に該当します。

 

作品をオーダーメイドで制作し、そのギャランティをいただく形のモデルは必ず、

「実働=収益」という形

になってしまうからです。

 

もちろん、印税によって実働と比例関係にない収益を得ることは可能ですが、印税収入がたくさん入ってくるかどうかは、我々クリエイターにはコントロールできない領域。とても経営戦略に組み込むことはできません。

 

それに、BtoBの場合は案件を持っているクライアントの数(=つまり顧客の数)が非常に限られていますから

そもそも「多売」が不可能

という事情もつきまといます。

 

つまり、BtoB案件に関しては、

いかに単価の高い仕事を厳選して請け負って行くか?

が重要ということになりますね

 

次に、薄利多売が成立するモデルについて考えてみましょう。

 

こちらは間違いなく

BtoC(対エンドユーザー向け取引)

になります。

 

エンドユーザーは、企業ほどの高い購買力こそ持っていませんが、その分顧客の数は膨大です。

 

日本国内だけ考えても、

1億人以上の人が見込み客になり得るキャパシティ

を持っています。

 

ですから、薄利多売のモデルを作っていく場合は、

エンドユーザー向けのサービスを作るのが大前提です。

(CDなどの音楽販売が まさにそうですよね。)

 

このように、あなたがクリエイターとして活躍していくためには、

ターゲットを明確に設定した上で、ターゲットに適したサービスを周到に考え抜いた上でビジネスに取り組んで行くこと

が重要なのです。

 

無計画な安売りは

ダメ、絶対!

ですからね!!

(しつこいか…。)

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です