なぜ稲毛はProTools一本での作業にこだわるのか?

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

音楽クリエイターが音楽を制作するためのツールの最も代表的なものとして

DAW

があります。

 

僕ら音楽クリエイターはよほど特殊な事情がない限りは、大抵このDAWに向き合って楽曲制作を進めていきます。

 

このDAWに関して、僕はここ10年くらい

ProTools一本に絞って使用しています。

(結構めずらしいタイプかと思います。)

 

作編曲はもちろん、プログラミング&モックアップ、レコーディング、ミックスダウン、時にはマスタリングまで。

全てProTools内で完結してしまうスタイルです。

 

ProToolsはもともとレコーディングやミックスダウンなど、スタジオでのエンジニアリング業務のために作られたソフト。

 

その分、

作曲に必要なMIDI関連の機能は、他社製DAWよりも貧弱です。

(最近はだいぶ良くなりましたけどね。)

 

作曲だけするならば、CubaseやLogicなど、他社製のDAWを使った方が効率が良いことも多いわけですね。

 

ではなぜ、稲毛は敢えてProTools一本に絞っているのか?

 

その理由は単純明快で、

全てを一元管理したい

からです。

 

作編曲や打ち込みなど、作曲に関わる部分とレコーディングやミックスなどエンジニアリングに関わる部分。

 

両者を別々なツールで実行しようとすると、

どうしても制作の効率が落ちてしまう

からですね。

 

楽曲制作の際に、

作曲しながら同時にミックスダウンも進めていきたい

なんてことも多いと思います。

(少なくとも僕はラフミックスしながら作曲していきます。)

 

そのような時に、作編曲とミックスダウンで別々なツールを使っていると、都度行き来するわけにはいきませんから、一旦は作曲用のDAWでラフミックスを進めて行くことになります。

 

それを、本チャンのミックス時にProTools側で完全再現するためには結構な手間がかかりますよね。

 

じゃあ、CubaseなどのMIDI機能も充実しているDAWで全てを完結したらいいんじゃないの?

 

という意見も出てくるかもしれませんが、一般的なレコーディングスタジオではProToolsが使われますので、社外のスタジオでレコーディングしたデータを持ち帰って編集するには、やはりProToolsが必要になるわけです。

 

いずれにせよ、

今のところ音楽制作とProToolsは切っても切れない関係。

 

であれば、

 

全ての業務をProTools一本に絞ってしまった方が都合が良いし、効率的だろう!

 

そう考えて、僕は全ての業務をProToolsだけで完結するようになりました。

 

一本化したことで圧倒的に効率がよくなった

 

制作環境の統一による業務効率化の恩恵は計り知れません。

 

ソフトウェアを切り替えることなく全ての作業をシームレスに行えるので、

 

  • ソフトシンセのままある程度ミックスダウンを進めて行くことができる

  • MIDIをオーディオ化する際に必要な部分だけコミットすれば良いので、データ容量が少なくて済む

  • ミックスダウン時に下手にEQで処理するよりもソフトシンセ側でサウンドの調整をした方が仕上がりが良い場合に、即座にMIDI側の作業に戻れる

  • 外部スタジオとの連携がスムーズ

 

などなど、良いことがたくさんあります。

 

もちろん、人それぞれ適した環境があると思いますので、

絶対にProToolsに一本化した方がいい!

 

というわけではありませんが、少なくとも僕はProToolsで全てを完結スタイルに切り替えてから、

とてつもなく効率が良くなりました。

 

もしあなたが使用するDAWを何にすべきか悩んでいらっしゃる場合には、ぜひ僕のスタイルを参考にしてみてはいかがでしょうか??

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です