逆転の発想!?集客力を高めたければ積極的に安売りしよう!

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

作品を無闇に安売りすることは自分自身の首を絞めると同時に、他のクリエイターにも迷惑をかける

最悪の行為です。

 

絶対にやめましょう。

無計画な安売りはダメ、絶対!!

2018.01.31

 

しかしながら、

あなたの集客力を高め、高い収益性を築いてくための手段

としてならば、むしろ、

積極的に安売りを導入すべき

であることはご存知でしょうか?

 

“無計画な安売り”ではなく、“戦略的な安売り”をあなたのビジネスに組み込んで行くのです。

 

世の中には2種類の商品がある

 

実は、世の中には2種類の商品が存在します。

 

「集客商品」と「収益商品」

です。

 

「集客商品」はその名の通り、ターゲットに自分の商品やサービスを知ってもらい、

見込み客になっていただくための商品

です。

 

一方「収益商品」は、見込み客にその商品を購入してもらうことで、

十分な収益を上げて行くための商品

です。

 

それぞれ、

目的と役割が違うのです。

 

そして、無計画な安売りがダメなのは、

「収益商品」の方です。

 

「集客商品」の方は、安売りしても問題ありません。

もはやタダでもオッケーです。そこで儲ける必要はないので。

 

この違いを正しく理解し、あなたのビジネスに組み込んで行くことこそが、あなたが売れっ子クリエイターになるための

最大のカギ

なのです。

 

良い例があるのでご紹介しましょう。

 

かの有名な

「高枝切鋏(たかえだきりばさみ)」。

 

 

あなたもご存知かと思います。

 

実はあれこそが、

「集客商品」の典型です。

 

高枝切鋏を売っている事業者は、

高枝切鋏を販売することで利益を上げているわけではありません。

 

高枝切鋏を使って、

見込み客を獲得しているのです。

 

そのカラクリを詳しく説明しましょう。

 

高枝切鋏が紹介されるのは、

お昼のワイドショーの合間に放送されるテレビショッピング。

 

その時間帯に、テレビショッピングを見ている人って誰でしょう??

 

はい、十中八九

専業主婦の方

ですよね。

 

さらに、高枝切鋏に興味がある人って誰でしょう??

 

こちらも十中八九、

自宅に高い枝のついた木を持っている人

です。

 

すなわち、

庭付きの一戸建てを所有している専業主婦の方

ということになります。

 

間違いなく、

高額な世帯収入がある人

ということがお分かりいただけるでしょうか?

 

つまり、高枝切鋏の販売業者は、高枝切鋏の販売によって

 

購買力の高い主婦層の見込み客を開拓している

 

のです。

 

一度購買力の高い見込み客を獲得してしまえば、その見込み客が欲しがりそうな「収益商品」を用意し、提案することで、

 多少高額な商品でも一定の割合で購入してくれる

ことは容易に想像がつくと思います。

 

このように、「集客商品」と「収益商品」の違いを理解して、

目的に合わせた適切な価格設定をしていく

ことが、あなたがクリエイターとして活躍して行くために重要な戦略なのです。

 

是非、あなたも、この機会に「集客商品」について研究してみてはいかがでしょうか?

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です