神が与えてくれた使命に生きるということ。

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

突然ですが、

あなたはご自身の使命を明確にお持ちですか?

 

僕の使命は

「人々に夢や希望を与えるヒーローになること」

です。

 

  • 子供達が純粋な気持ちで自分の夢を追い求めることができる希望に満ち溢れた社会を作ること。

  • 大人たちが子供の夢を素直に応援できる社会を作ること。

 

これこそが僕の使命であり、

僕が行う全ての活動は、この1つの使命に向かって推し進められています。

 

このブログや、メール講座しかり、日々の音楽制作業務しかり、サムライミュージシャンズなどの表現活動しかり。

 

嘘偽りなく、僕が取り組む全ての活動は、

上記の使命を叶えるために必然性と一貫性を持って取り組んでいること

なのです。

 

誰しもが必ず使命を持っている。

 

これからの時代、

己の使命を明確に持っている人だけが活躍する時代

がやってきます。

 

というかむしろ、昔からビジネスの世界では使命を持たない人が活躍することの方が稀でした。

 

音楽業界では、その流れが遅れてやってきただけの話。

 

ようやく健全な時代が訪れたと言い換えてもいいですね。

 

だから、これからの時代、

誰しもが己の使命を明確に持ち、その実現のために生きる覚悟を決める必要

があります。

 

とはいえ、

「使命なんて、そんな大それたこと考えたこともない!」

という方も多いかと思います。

 

安心してください。

僕も初めは自分に使命があるなんて考えもしませんでした。

 

今、あなたが明確にご自身の使命を思い描けないのだとしたら、それは

ご自身の使命に“気づいていない”だけ

です。

 

使命は、新たに作り出すものでも、どこかから見つけてくるものでもなく、

もともと己の内に存在しているもの。

 

その存在に気づいているか?

それだけのことなのです。

 

使命は、あなたの原体験に宿る。

 

使命に気づくためのヒントは、

あなたのこれまでの人生の中に潜んでいます。

 

あなたは、これまで生きてきて、

感情を大きく揺さぶられた経験

はありませんか??

 

嬉しかった出来事や感動した出来事でもいいですし、逆にとっても辛かった出来事でも良いでしょう。

 

その出来事こそが、あなたがご自身の使命に気づくために

神が与えてくれた貴重な経験

なのかもしれません。

 

僕の場合、

独立後2年間にわたる貧乏時代の体験

が、今の使命を形作る大きな要因となっています。

恋い焦がれていた独立が軽く地獄だった話:【EP1】待ち受けていた試練

2017.09.20

 

この経験によって僕は、

 

  • 既存の業界の枠組みが、才能あるクリエイターの芽を摘んでしまっていること

  • 大人たちが、音楽家を目指す子供の夢を素直に応援できないことの原因

 

に気づくことができました。

 

だからこそ僕は、この現状を打破しようと心に決めました。

 

十分な才能、技術、そして人間性を兼ねそろえた若者が、その能力を遺憾なく発揮して自由に活躍できる社会を作ろうと思いました。

 

原体験と、そこから生み出された強い想いこそが、今の僕の使命を形作っている

のです。

 

使命って、とってもシンプルなもの。

 

使命という言葉を使うと仰々しく聞こえるしれませんが、

 

自分が嬉しい思いをしたからみんなにも喜んでもらいたい!

自分が辛い思いをしたから、みんなにはそういう思いを味わって欲しくない!

 

そんな純粋な想いが

あなたの使命となって人生の目的・指針を指し示してくれるもの

なのではないかと思います。

 

僕は使命に気づくことで、圧倒的エネルギーに満たされるようになりましたし、自分がこの仕事に従事することの重大性に気づくことができました。

 

使命に気づくことは、

 

人生の価値を何倍にも高めてくれます。

命をかけて取り組むべき仕事とは何かを教えてくれます。

 

是非あなたも、ご自身の使命について、一度深く考えてみてはいかがでしょうか?

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です