「自分がもう一人いたら良いのになぁ…。」と考える人は、メッチャ損してるかも!?

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

「あー忙しい!!!自分がもう一人いたら良いのになぁ…。」

 

なんて思ったことありませんか?

 

僕自身も、かつては漫画『パーマン』に登場するコピーロボットの発売を心待ちにしていた一人です。

 

今日は、そんな多忙なあなたに、

もう一人の自分を作り出す以上に効果的な方法

をお伝えしようと思います。

 

「自分がもう一人いたら良いのになぁ。」と考える人の特等

 

実は、

「自分がもう一人いたら良いのになぁ。」

と考える人には、ある大きな特徴があります。

 

それは、

一人でなんでもできてしまう超優秀な人

です。

 

自分の能力に自信を持っているからこそ、

「自分という存在をもう一人分コピーすることが有益である!!」

という思考にたどり着くわけです。

 

(自分の能力に自信のない人が自分を増やそうとはしませんからね。)

 

実はこの思考が、

その人の生産性を著しく落としてしまっている

なんてことも少なくありません。

 

この思考パターンの人は、人に仕事を任せることがとにかく苦手です。

 

「だって、人に任せるよりも、自分でやった方が絶対良い結果になるじゃん!」

 

気持ちは痛いほどわかります。

 

でも、実は意外にそうではないことも多いのです。

 

自分がいくら増えても「相乗効果」は起こりにくい。

 

自分という人間がいかに優秀であったとしても、

その分身はあなた以上の能力を発揮することはありません。

 

あなたと全く同等の思考と行動を再現してくれるだけです。

 

つまり、いくら自分の分身を増やしたとしても、それは「足し算」にしかならないということ。

 

自分がもう一人が増えたところで、

せいぜい1日が24時間から倍の48時間に増えるだけ

ということですね。

 

一方、他者の力を借りた場合はこの限界を優に飛び越える可能性を秘めています。

 

2倍の生産性どころか、

3倍、5倍、10倍もの圧倒的成果

を出すことができるかもしれないのです。

 

これは、専門用語で

「相乗効果」

と呼ばれるものです。

 

「化学反応」のようなものだと考えていただくとわかりやすいかもしれません。

 

同じ物質同士を混ぜ合わせても、

それは単にカサが増えるだけで、性質そのものは変化しませんよね?

 

例えば、酸素と酸素を混ぜ合わせても酸素が増えるだけという具合です。

 

一方、違う性質のもの同士なら思いもよらない全く別の物質が出来上がったりします。

 

酸素と水素を混ぜ合わせるとあら不思議!

水が出来上がりますよね。

 

酸素と水素を比べてみても、

どちらか一方が秀でているということはありません。

 

いずれも同等に価値のあるものです。

 

むしろ着目すべきは、

両者が違う性質を持っている

ということ。

 

違うからこそ良い!

のです。

 

自分と違うタイプの人との協業で、スゴイ成果を生み出そう!

 

先ほどの酸素と水素を化学反応させることと同じようなことが、お仕事や人間関係にも言えます。

 

自分をもう一人増やすよりも、自分と全く違う性質や強みを持った人と力を合わせた方が、圧倒的成果に至る可能性が高い

のです。

 

チームを編成する場合も同様に、全員が近しい考えを持った人だけで構成されたチームは、

まとまりやすい一方、リーダーの力量を超える成果を生み出すことは難しい。

 

一方で、チームメンバーそれぞれが、独自の考えを持ったチームは、プロジェクト進行中に様々な議論が生まれ、時には衝突も起きるかもしれませんが、

最終的にはとんでもない成果へと繋がることが多い

のです。

 

自分と違う考え方を受け入れるだけの寛容さと器。

 

それこそが、もう一人の自分を作り出す以上にあなたの生産性を高めてくれるカギになるかもしれません。

 

今日からは、もう一人の自分ではなく、自分とは違う誰かを見つけるべく、仲間探しに精を出してみていかがでしょうか?

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です