こんなクリエイターはものすごく損してます!!

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

長くクリエイターという仕事に携わっていると、様々な人に出会います。

 

良い人も尊敬できる人もたくさんいる一方で、

疑問を感じてしまうタイプ

の人がいるのもまた事実。

 

とりわけ、僕が

「すごーく勿体ないなぁ」

と思うのが、

 

「俺のワザは、誰にも教えたくない!!」

 

というタイプの人です。

 

ノウハウを自分のものだけにしてしまうことによるデメリット

 

自分だけの、とっておきの必殺技を持つことは非常に良いこと。

 

しかしそれを、

「絶対に盗まれたくない!」

と言わんばかりに、頑なに自分だけの秘密にしてしまうのも考えものだったりします。

 

特に、アマチュアのうちからそのようなことを言っている人はメチャメチャ損しています。

 

食べ物や消耗品など、形のあるものと違い、知識や技術などの形のないものは、人と分かち合うことで、

教えてもらう側の人はもちろん、教える側にもメリットがあります。

 

人に何かを理解してもらうためには、自分が持っている知識を整理して、よりわかりやすく伝える必要がありますよね?

 

その過程で、

自分の中での知識や技術が、より洗練されたものへと進化し、

結果として、

教える側のノウハウも増加する

からです。

 

それを頑なに秘密にしてしまうことは、

自分の成長の機会をみすみすドブに捨てているようなもの。

 

非常に勿体ないことなんです。

 

僕は、昔から自分が身につけた知識や技術、編み出した独自のワザなどはすべて、たくさんの人にシェアしてきました。

(このメルマガだってそうですしね。)

 

もともと人に教えるのが好きだったということもありますが、同時に自分の中でも理解が深まるわけですから、マイナスなことなど何一つありません。

 

本当にすごいワザなら、ちょっとやそっとで盗まれるようなことはない!

 

そもそも、

ちょっと教えたくらいで即座に真似されてしまう程度のワザなんて、特段秘密にしておくような大層なワザでもないわけです。

 

だったら、どんどん人にシェアして、誰も追いつけないレベルのワザに進化させていく方がよほど建設的じゃないでしょうか?

 

僕の知る限り、プロのクリエイターたちは、頻繁に自分の知識や技術を交換し合っています。

時にはセミナーなどを開催して、多数の人の前でそのワザを披露しちゃうなんてことも日常茶飯事。

 

僕の師匠である冨田勲先生も、

グラミー賞ノミネートを成し遂げたノウハウを惜しげも無くレクチャーしてくださいました。

 

 

本当にすごいワザなら、ちょっとやそっとで真似されることもないでしょうし、逆に、すぐに真似できてしまうような小ワザなら、むしろ人に教えることで自分自身もさらに高いレベルへと昇華することができます。

 

自分の知識や技術を自分だけのものにしてしまうことが

いかに勿体ないことか?

 

おわかりいただけたでしょうか?

 

僕はこれからも、自分のノウハウはすべて包み隠さず伝えていきます。

 

人に教えてあげること。

 

それは、

どんなレベルの人でも即座に実践できる、最小でお手軽なWin-Winの形

なのです。

 

この話にピン来たら、ぜひあなたも今日から誰かにノウハウをシェアしてみてはいかがでしょう?

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!


新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は
是非、僕の無料メール講座にご登録ください。
あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です