音楽クリエイターのための事務所との上手な付き合い方

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

以前、音楽で生計立てていく手段として、

事務所所属とフリーランス、どちらがよいか?

というお話をしました。

 

結論から言うと、僕は間違いなく

フリーランスをオススメ

します。

 

事務所に所属しても、それだけで仕事になるほど世の中は甘くないからです。

だったら、ビジネスにおける全ての活動を自身の采配で自由に行えた方がよほど生産的ですし、やりがいもあります。

 

「じゃあ、事務所とは一切お付き合いしない方がいいの?」

 

いやいや、そんなことはありません。

 

実は僕、年間何件かはあちこちの音楽事務所さんから依頼を受けて仕事をすることがあります。

 

僕は自分で会社を経営していますので、特定の事務所に所属しているわけではありませんが、

単発のお仕事ならば、事務所さんを通して受注することも全然ある!

ということです。

 

これ、以外に盲点じゃないですか?

 

事務所に所属しなくても一緒にお仕事することはできる!

ということなんです。

 

事務所との契約には2種類ある。

 

実は、事務所との契約には2種類あることをご存知でしょうか?

 

「専属契約」と「スポット契約」

の2つです。

 

「専属契約」とはその名の通り、その事務所の専属作家として契約し、

原則として以後全ての仕事は事務所を通して行う業務形態。

 

例え自分の力で獲得した仕事であっても事務所を通すのが通例です。 

 

一方「スポット契約」とは、

特定の案件の時のみ依頼を受け、仕事をする形。

 

契約は案件単位で行われ、それ以外の仕事は

事務所を通さず自由に

行うことができます。

 

多くの場合、事務所との契約といえば、「専属契約」をイメージされるでしょう。

 

しかし、「スポット契約」ならば、一般的なクライアントワークと同じような感覚で、事務所と取引することができます。

 

フリーランスのままで、事務所とのお付き合いもできる!

ということなのです。

 

もちろん、自由な反面デメリットもあります。

 

「専属契約」に比べ、「スポット契約」は

事務所側に多くのマージンを支払う必要

があります。

 

例えば、専属作家ならギャラの3割が事務所の取り分だけど、スポットの場合は4割〜5割引かれるといった具合です。

 

多くの場合、「専属契約」よりも

1〜2割ほど多いマージン

となります。

 

しかしながら、

「スポット契約」では、それを補って余りあるほどの圧倒的自由

が手に入ります。

 

多少多くのマージンを支払ってでも、それ以外の仕事でガンガン稼げば全く問題なし。

 

自分のビジネスに関して、裁量権がないことの方が、よほどリスキー

ですからね。

 

ですから、

基本はフリーランスとして自由に活動しながら、事務所さんとは「スポット契約」でお付き合いしていく。

 

それこそが、

「音楽クリエイターのための事務所との上手な付き合い方」

なのです。

 

ぜひ、あなたも今後の参考にしてみてはいかがでしょうか?

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!


新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は
是非、僕の無料メール講座にご登録ください。
あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です