全身筋肉痛になるほどの壮絶な体験をしてきました。

こんにちは、挑戦厨クリエイター、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

突然ですが、下の写真で僕が持っているものなんだと思いますか??

 

 

パン生地のようにも見えますね。

あるいは餅?

マッシュポテト?

 

実はこれ、味噌なんです。

 

僕は先日、味噌作りのイベントに参加してきました。

 

その名も、「手前味噌会!」

 

文字通り、自分で味噌を仕込み、1年かけて大切に育てて(発酵させて)最終的に仕上がった味噌を持ち寄って自慢し合うという、なかなかになイベントです。

 

味噌を一から仕込むなんて、現代の日本においては、なかなかに貴重な体験。

 

やってみるとわかりますが、味噌作りって、本当に大変!!

とにかく、何もかもが重労働

 

麹と塩を混ぜてると塩で手が荒れてヒリヒリするし、豆をすりつぶすのも一苦労。

 

 

潰し残しがあると発酵にムラが出て美味しくならないそうなので、丁寧に、かつ力一杯潰していきます。

そして何より大変なのが、麹と豆を練り上げる作業。

 

 

粘り気が出てしっとり柔らかくまとまるまで1時間以上ひたすら練り続けます。

 

腰は痛くなるわ、腕は痛くなるわ、本当に大変でした。

(現在も絶賛筋肉痛です!)

 

そうして苦労の末出来上がったのが、先の写真のもの。

あとはそれを樽に詰めて、およそ1年発酵させたら出来上がり!

 

 

頑張って仕込んでも、1年間の発酵過程でダメにしてしまうことだってあるわけで、味噌一つでどんだけマゾゲーなんだ!!って思いますよ。

 

お恥ずかしながら普段何気なく食べている味噌がどのようにして作られているか、ちゃんと知りませんでした。

こうして味噌作りを体験してみることで、改めてそのありがたさに気づくことができます。

 

スーパーに行けば、数百円で買えてしまう味噌が、こんなにたくさんの手間ひまの上で作られていること。

 

作り手の方々の苦労、その仕事にかける想いやこだわりたるや、本当に尊敬に値します。

もっともっと感謝しながら頂かなくてはいけないですね。

 

我々の仕事も、味噌作りも、どちらも同じものづくり。

味噌作りを体験することで、自分のものづくりに対する考え方も、また一つ成長できたように感じます。

 

是非あなたにも、一度味噌作りを体験してみてほしい!

 

食べ物に対する感謝、一つ一つの仕事に対する感謝がより一層深まることまちがいありません。

 

ぜひ今日から、「いただきます!」という時にもう一言、「ありがとう!」という言葉を添えて見てはいかがでしょうか?

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!


新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は
是非、僕の無料メール講座にご登録ください。
あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です