ぶっちゃけ話。良い機材って本当に必要なのか!?

こんにちは、挑戦厨クリエイター、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

音楽機材ってたくさんありますよね〜。

 

毎年毎年続々と最新モデルが出てくるし、ヴィンテージものにも魅力的な機材がたくさん。

 

そんな機材に囲まれて、理想の音楽追及に勤しむことは

音楽クリエイターにとって憧れの暮らし!

 

あなたももちろん、機材には興味津々なんじゃないかと思います。

 

かくいう僕も、未だに欲しい機材がたくさん。

特にスタジオを持つと、それまでは後回しになっていたマイクやマイクプリ、コンプなどのアウトボードなんかがどんどん欲しくなってくるわけです。

 

う〜ん、沼〜〜!!

 

しかし、最近僕は自分の思いとは裏腹に、こんなことを考えています。

 

いい機材って本当に必要なのか!?

 

そもそも論として、

「一般リスナーはそこまで良い音求めてないんじゃない??」

なんて思ったり…。

 

爆弾発言すぎますかね?

 

プロたるもの、細部にまでこだわり抜いて作品を作るべきだとは思うんですが…。

 

肝心のリスナーはそこまで良い音を求めているのだろうか?

 

と考えると、ちょっと疑問

 

最近はスマートスピーカーが人気ですがが、多くのリスナーはスマートスピーカー内蔵のしょっぼーいスピーカーでも十分満足してるじゃないですか。

人によってはスマホ内蔵のスピーカーで音楽聴いたりしますし、音源は圧縮されたAACとかMP3とかだし。

 

ひどい時には、

極限まで圧縮されたモノラル音源を聴いても、その違いに気づかない人だっているくらいで…。

 

良い音を出したいというのは、あくまで作り手のエゴであってリスナーはそこまで求めていないのかもしれないなぁ。

そんなことを思うわけです。

 

ちなみに、ここで言いたいのは機材の違いによる音質の差こと。

音楽の一部としての音色とはまた違う話です。

(音色まで含めて音楽ですからね。)

 

そんなことを考えると、

必ずしも高級機材が必要なのか?

と言われると首を傾げてしまう。

 

同じ曲を、めっちゃいい機材で作った場合と、iPadだけで作った場合。

 

どっちがリスナーの反応が良いか実験してみるのもありかもですね。

(僕の予想。多分どっちも一緒。)

 

良い機材は素晴らしい!!

 

これは否定しませんし、僕も良い機材欲しいです!!

 

ですが、購入前に1度

「本当にリスナーはそれを求めているのか?」

と自問自答してみるだけで、音楽の本質的な魅力を考える良いきっかけになるかもしれませんね。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!


新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は
是非、僕の無料メール講座にご登録ください。
あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です