ついに公開!!iPadでノマド制作旅で制作したラフスケッチがこれだ!!

こんにちは、挑戦厨クリエイター、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

本日はいよいよ!

「iPadでノマド制作旅」で制作したラフスケッチを公開しようと思います!!

 

今回の楽曲のテーマは、

「悠久の時の流れ、そして水と光と自然」

 

大正ロマンあふれるノスタルジックな街並みは、古き良き時代の雰囲気を現代まで変わらず残しています。

そして、白銀の滝や銀山川など街中で聞くことができる水の音虫やカエルなど生き物の鳴き声

 

それらをぜーんぶひっくるめて楽曲で表現したいですね!

 

今回楽曲を制作するにあたって、僕が一番最初に感じたこと。

それは、銀山温泉は古き良き街並みを今に残しているけれど、同時にどこか“モダン”な雰囲気を醸し出しているということ。

 

ただ古いだけじゃないんですね〜!

(ここがミソ!!)

 

京都や奈良などの古都とはまた違ったノスタルジー。

 

これこそが銀山温泉最大の特徴なのではないだろうか?

 

そこで僕は、今回の楽曲に敢えて「和」のテイストを盛り込むことをやめました。

音で全てを語ってしまうのではなく、印象派の音楽のように聞き手にイメージや映像を連想させるような音楽にしよう!

 

そうして出来上がったラフスケッチがコチラ↓

 

 

タイトルは「GINZAN」!!

(まんまか〜いw)

 

銀山温泉で収録した自然の音。

 

その上で規則正しく鳴り続けるカチカチ鳴り続ける音は「古時計の振り子の音」をイメージしています。

(これはもちろん後で差し替えるよ!)

 

悠久の時の流れを時計の音で表現してみよう!

そんな思惑です。

 

銀山温泉の静けさ、水の音が引き立つよう、全体的に音数は極めて少なく!

徹底的に“間”を大事に作り上げました。

 

いかがでしょう??

 

これをベースに、東京で細かい作り込みをしていこうと思います!

 

だが、一方で!!

 

正直今回の作品には全く満足していない自分もいたりします…。

 

ちょっと無難なアプローチになりすぎたんじゃないかなぁと。

正解を当てにいった感じ??

 

もっともっと表現したいことがあったはず…。

 

というわけで今回の旅、沢山の気づきと学びがありました。

 

これもやってみないとわからないことですから、僕自身とってもいい経験になりました!

 

だが、

これで満足しては挑戦厨にあらず!

 

今回の反省点を踏まえて、次回はもっともっと面白い旅にしていきますよ!!

 

次の記事は今回の旅の反省点をお伝えしていこうと思います。

 


イナゲの「iPadで音楽制作」に関する情報を

LINE@で実況配信中!!

第一弾「iPadでノマド制作旅(5/23〜5/25)」をLINE@で実況配信!

実況配信後にも、「iPadで音楽制作」の最新情報や、あなたのアーティスト活動に役立つ情報を配信します。

イナゲの最新の挑戦活動を知りたい方は、是非ご登録ください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

LINE@のご登録はコチラ!

友だち追加

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です