スマホ作曲

スペック主義へのアンチテーゼ「iPad + GarageBand」で音楽製作、いよいよスタート!

こんにちは、挑戦厨クリエイター、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

昨日まで「常識をアップデートしよう!」というお話をしてまいりましたが、常識という点で、僕がここ最近ギモンに感じていることがあります。

 

それは、「良い音楽を作るために、ハイエンドマシンは必要なのか?」ということ。

 

スペックは音楽の質の直結しない。

 

常識的に、音楽製作に使うコンピュータはスペックが高ければ高いほどいいじゃないですか。

 

CPUはデュアルコアよりクアッドコア、もっというならiMac Proの18コアとか。メモリもSSDもグラボも、可能な限り性能の良いものの方が、サクサク作業できて心地いいですよね。

 

しかし、コンピュータの性能は作業効率アップという意味では多大な恩恵があるものの、

「音楽の質そのものに影響するのか?」

と言われるとギモンを感じてしまいます。

 

だって、今みたいにスペックの高いコンピュータがなかった時代でも、素晴らしい音楽作品は生み出されてきたわけで、ハイスペックな環境がないと良い音楽が作れないわけでは絶対にないのです。

 

スペックが必要なのって、音楽そのものとはさして関係のない部分での需要なんじゃないかと思うわけですよ。

 

もちろん僕自身、いちクリエイターとしては超ハイエンドマシンが欲しいですよ?

 

でも、マシンスペックや環境に依存せずとも、人を感動させる音楽を作ることは十分可能なら、あえて低スペックの環境で音楽製作してみるのも面白いんじゃないか???そう思ったんです。

 

イナゲがiPadに可能性を見出したワケ

 

僕が取り組んでいる「iPadで音楽製作」企画には、そんな“スペック主義的なクリエイターのパラダイム”に一石を投じる意味も含めて始めたものだったりします。

 

ハイエンドなマシン、上質なソフトシンセ、本格的なエフェクトプラグイン、これらがないとステキな音楽が作れないなら、クリエイターとしてまだまだ力不足なんじゃないかなーってね。

 

あのハラカミレイさんも、ローランドのSC-88Proだけで誰にもまけない独特の世界観を作り出していたわけだし、いくらでもやり方はあると思うんです。

 

というわけでいよいよ!

 

今月からはiPadのGarageBandだけを使った音楽製作に本腰入れて取り組んでいきます!!

 

多分、あまりの使い勝手の悪さと戦いながらの製作になるので、多少時間はかかるかもしれませんが、iPadだけで一枚アルバム作るくらいのことやりたいですね!!

 

これができたら、日本国民の音楽の楽しみ方がまたひとつアップデートされると信じています!!

 

だれでも気軽に音楽製作できる文化作りに向けて頑張っていきますので、是非応援よろしくおねがいします♪

 

ABOUT ME
稲毛 謙介
音楽×ノマドで自由なミュージックライフを!音楽の新しい楽しみ方を提案するスマホ作曲ニスト。スマホ&タブレットでノマドしながら音楽作ってます。音大卒→大手ゲームメーカー所属→フリーランス→音楽プロダクションCEO→過労で15㌔太る→業界の枠組みに捉われない自由な音楽ライフを謳歌すべくスマホ作曲家へ転身!!
おトクで楽しいお知らせが毎週届くLINE@

LINE@では、スマホ作曲&ノマド作曲の最新情報やウラ話、イベントや勉強会などのおさそい、ノマド旅を始めとしたイナゲの企画に参加できる権利などなど、濃ゆ〜い情報を毎週お届けしてます♪5つの楽しい特典も満載!!

今すぐ登録する!

こんな記事もおすすめ