コラム

年商2000万円と引き換えに失ったもの

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

これまで何度もお話ししていますが、今から5年前まで、僕は年商200万円にも満たない貧乏クリエイターでした。

恋い焦がれていた独立が軽く地獄だった話こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。 今日は、僕が独立から2年間、超絶ビンボーだったときのお話をしたいと思います。 ど...

それを打破すべく、死にもの狂いで頑張ってきた僕。今では年商は当時の15倍以上に成長し、現在もさらに売上を伸ばしている状態です。(大先輩方にはまだまだ及びませんが。)

そんな、一見すると非常にハッピーな人生のように見えますが、その一方で着々と失われていったものもありました。そう、「時間」と「健康」です。

仕事が増えるほど、失われる時間。

クリエイターのお仕事は、そのほとんどが実働=収入。売上が上がるということは、それだけ働く時間が増えていってしまいます。

百歩ゆずって無限に時間を使えるならそれもアリかもしれませんが、当然のごとく時間は有限。金持ち、貧乏人問わず、人類皆平等に与えられているもの。

そんな中売上を伸ばしていくためには、以下のような対応をするしかありません。

売上を最大化させる3つの手段
  1. 時間あたり生産性を上げる
  2. 単価を上げる
  3. チーム体制を作る

しかし、上記3点にはデメリットもあります。

想定されるデメリット

時間あたり生産性を上げる

  • いくら生産性アップをアップしても限界がある
  • スピードを求める分作品をこだわり抜いて作る時間が減る

単価を上げる

  • そう何度も上げ続けることはムズかしい
  • 業界の相場やクライアントの予算に左右される

チーム体制を作る

  • 規模を大きくすればするほど管理コストが増大
  • 結局制作どころではなくなる…。

とどのつまり、クリエイターのお仕事は、膨大な印税収入が確保できるものでない限りいつかは売上に限界が訪れるものなのです!

そればかりか、時間は常にパッツパツ。日々締め切りに追われ、体力的にも精神的にもどんどんキツくなってきます。家族との時間も取れなくなり、健康や美容を損ない、作品作りに対するこだわりも発揮できず、ストレスだらけの毎日。

フリーランスなのに全然FREEじゃない人こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。 フリーランスって、なんだかカッコよくて憧れますよね!(僕もすごく憧れました。) ...

まぁ昔だったら「それがクリエイターってもんだろ!」で一蹴されていたところだと思うんですが、僕はなんだか虚しくなってしまったんですねー。

だから僕は働き方を変えた

だから僕は、そういう前時代的な働き方をするのをやめました!自分自信のビジネスをイチから作りなおすことにしたんです。

  • 実働時間と収入が比例関係にないビジネス
  • 徹底的にこだわり抜いた作品だけ作ってられるビジネス
  • いくらでも家族のために時間を使えるビジネス
  • 締め切りのないビジネス
  • 全てが自分のコントロール下にあるビジネス

そんな都合のいいビジネス本当にあるの?

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながらいまのところ音楽業界にはありません。ただし、他業種には腐るほど存在しています!

だから僕は、他業種のいいところを自分のビジネスに取り入れ、自分にとって最も理想的なビジネスモデルを作ってしまおう!と企んでいるわけですね〜。

おもしろそうでしょ?

興味のある方、ぜひ僕と一緒に新しい働き方目指してみませんか??きっとワクワクする未来が待ってますよ!!

ABOUT ME
稲毛 謙介
音楽×ノマドで自由なミュージックライフを!音楽の新しい楽しみ方を提案するスマホ作曲ニスト。スマホ&タブレットでノマドしながら音楽作ってます。音大卒→大手ゲームメーカー所属→フリーランス→音楽プロダクションCEO→過労で15㌔太る→業界の枠組みに捉われない自由な音楽ライフを謳歌すべくスマホ作曲家へ転身!!
おトクで楽しいお知らせが毎週届くLINE@

LINE@では、スマホ作曲&ノマド作曲の最新情報やウラ話、イベントや勉強会などのおさそい、ノマド旅を始めとしたイナゲの企画に参加できる権利などなど、濃ゆ〜い情報を毎週お届けしてます♪5つの楽しい特典も満載!!

今すぐ登録する!