自分らしく自由に生きる

「時短ハラスメント」について思うこと。

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

 

たまには時事ネタをお送りしましょう。

 

最近、

「時短ハラスメント」

という言葉を耳にするようになりました。

 

ブラック企業による、劣悪な労働環境が問題視される中、社員の長時間労働を防ぐべく、残業を禁止したり、有給取得を促したりして、勤務時間を短くしようという取り組み

 

今度は、

その取り組み自体がハラスメントだ

という意見が出て来ているらしいのです。

 

このことは、日本の労働環境がいかに時代遅れなものかを表しているように感じます。

 

残業したくない人もいれば、もっと働きたい人だっている。

 

その多様性を認めるシステムや土壌が存在しないから、

規則を使っていずれか片方に縛らなければならないのです。

 

僕は残業したかったタイプ

 

僕もゲームメーカー勤務時代は、そこそこ長時間労働してました。

 

でも、それは

僕が好きでやっていただけの話

であって、残業も休日出勤も苦じゃなかった。

 

好きな仕事してるんですから当然ですよね。

 

でも、ある時会社から、残業を禁止されるようになりました。

本当は、とことんこだわって良い作品作りたいのに、納期自体は残業禁止される前と変わらないので、

 

  • 仕事はどんどん遅れていく
  • 納期が近づくほどにクォリティにもこだわれなくなっていく

 

などの弊害が出て来て、

僕にはむしろその方が苦痛でした。

 

そりゃ人間ですから、あまりにも長時間働き続ければ体も疲れて来ます。

でも、それ以上に、クリエイターにとっては、自分が納得のいかない作品が世に出ることの方が辛いもの。

 

結局みんな、最後は残業禁止を無視して深夜まで働いていました。

 

そんな時代を経験しているもんですから、この「時短ハラスメント」というのがいかに辛いかがよくわかります。

 

大事なことは、本人の意思だと思うんです。

 

残業したくない人も、もっと働きたい人も、

自分の意思で自由に労働時間を決めることができるような環境を用意すること

が、現在の社会には求められているのではないでしょうか??

 

もちろん、企業である以上秩序も必要ですから、あまりにも好き勝手に行動されては管理しきれなくなるのもわかります。

 

しかし、企業は人なりというように、社員にとって働きがいのある会社にしていくためには、

より先進的なシステムを整え、ある程度の多様性も認める

ということも必要だと思います。

 

こと日本においては、この部分が非常に遅れているように感じてなりません。

 

ちなみに弊社では、労働時間を定めていません。

(一応定時というものはありますが。)

 

早く帰りたければ帰ればいいし、残りたければ残ればいい。

僕も普段は20時には帰宅するようにしていますし、逆にどうしても残りたいときは朝まで仕事することだってあります。

 

まぁ小さな規模の会社だからできることなのかもしれませんが、

法や規則を、こういったフレキシブルな働き方に対応させていく

ということも、この時代求められているのではないでしょうか??

 

そんなことを感じた今日この頃でした。

 


クリエイターの独立に役立つビジネスの知識が学べる

3週間の”無料メール講座”絶賛配信中!!

新時代のクリエイターとして、生涯にわたって活躍し続けたい方は

是非、僕の無料メール講座にご登録ください。

あなたの独立を成功させるために不可欠な、今すぐ使えるビジネスの知識をぎゅっと凝縮しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

無料メール講座のご登録はコチラ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ABOUT ME
稲毛 謙介
音楽×ノマドで自由なミュージックライフを!音楽の新しい楽しみ方を提案するスマホ作曲ニスト。スマホ&タブレットでノマドしながら音楽作ってます。音大卒→大手ゲームメーカー所属→フリーランス→音楽プロダクションCEO→過労で15㌔太る→業界の枠組みに捉われない自由な音楽ライフを謳歌すべくスマホ作曲家へ転身!!
おトクで楽しいお知らせが毎週届くLINE@

LINE@では、スマホ作曲&ノマド作曲の最新情報やウラ話、イベントや勉強会などのおさそい、ノマド旅を始めとしたイナゲの企画に参加できる権利などなど、濃ゆ〜い情報を毎週お届けしてます♪5つの楽しい特典も満載!!

今すぐ登録する!

こんな記事もおすすめ