1. HOME
  2. ブログ
  3. 【お知らせ】コード理論を学ぶ上で前提となる楽典の基礎知識!【セミナー情報】

【お知らせ】コード理論を学ぶ上で前提となる楽典の基礎知識!【セミナー情報】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

10月17日(土)14時から、コード理論講座の第1回目を開催します!

今回は、「コード理論を学ぶ上で前提となる楽典の基礎知識」について徹底解説。

コード理論を理解するために絶対に欠かすことのできない前提知識を、初心者の方にもわかりやすくレクチャーしていきます。

音楽理論にニガテ意識がある方は、この機会にしっかり学んでいきましょう!

第1回ではどんなことを教えてくれるの?

10月〜11月と、およそ2ヶ月にわたってお届けするコード理論特集

その記念すべき第1回目のセミナーとなる今回は、コード理論を理解する上で必要な「楽典」の知識を丁寧に解説していきます。

【コード理論講座1:「コード理論を学ぶ上で前提となる楽典の基礎知識】

    1. コード理論とは?
    2. 音程
    3. 音階
    4. 調号
    5. 主要なコード
    6. その他さまざまなコード

「楽典」とは、西洋音楽における基本概念をまとめた入門書

日本語における「五十音」や英語における「アルファベット」と同様に、「楽典」を知らずしてその他の音楽理論を習得することは不可能といっても過言ではありません。

コード理論をはじめ、さまざまな知識やテクニックを学んでいく上で大いに役立ちますので、ぜひご活用ください!

セミナーへの参加方法は?

セミナーにはどうやって参加すればいいの?

セミナーには、セミナー専用イベントページからご参加いただけます。(※ご参加には会員登録およびPaypal決済が必要です。)

当日はZoomを使ったオンラインセミナー形式で配信しますので、ご自宅からお気軽にご参加ください。

Zoomといっても、参加者のみなさんにはカメラと音声をオフにした状態で参加していただきますので、ライブ配信を見ている感覚でゆったり参加してもらってOKです!

万が一リアルタイムで参加できなくても大丈夫。イベント終了後にはアーカイヴをアップしておきますので、時間のあるときにゆっくり見るもよし。復習に使うもよし。ご自由にセミナーをお楽しみください。

セミナーのご参加&詳細情報は、以下のページから!↓

【10月17日開催】コード理論講座1:コード理論を学ぶ上で前提となる楽典の基礎知識

コード理論講座第1回目となる今回は、音楽理論を学ぶ上で絶対に欠かすことのできない「楽典」の基礎知識を丁寧に解説します。「楽典」は、国語における「五十音」、英語における「アルファベット」のようなもの。これを知らずして、音楽を学ぶことは絶対に不可能!といっても過言ではないほどに重要な基礎知識となります。この先コード理論を理解するためには避けて通れない、大事な大事な前提知識となりますので、この機会にしっかり学んでいきましょう!

イベントページへ

まとめ

というわけで、コード理論講座第1回について情報をお届けしました!

楽典を正しく理解することで、これまでにご紹介した「ストリングス」「シンセサイザー」「ホーンセクション」などのアレンジに対する理解もより一層深まること間違いなしです。

ぜひみなさまのご参加、お待ちしております!

【オススメ】2020年10月&11月のOTO×NOMAはコード理論強化月間!

音楽学習ポータルサイト「OTO×NOMA」では、音楽制作スキルアップに役立つセミナーや動画コンテンツをお届けしています。2020年10月&11月はコード理論特集!あらゆる音楽理論の中でも、もっとも基本的かつ汎用性の高いコード理論を丁寧に解説していきますので、どうぞお楽しみに。全体のカリキュラムは以下のページからアクセスできます。ぜひチェックしてみてくださいね!

コード理論カリキュラムをチェック

OTO×NOMAの更新情報をいち早くお届け!さらにパラデータ&楽譜も無料プレゼント!

イナゲの公式LINEアカウントでは、OTO×NOMAの更新情報を最速でお届けしています。新着記事を見逃すことなくチェックできるのでとっても便利!さらに今なら、2019年秋にリリースされた、SETEBOS『THEO』のパラデータを全曲完全無料プレゼント中。プロのアレンジ&サウンドメイキングのテクニックを余すことなく垣間見ることができるので、ぜひこの機会にご活用ください!

【公式LINEご登録はこちら(登録無料)】

LINE@登録バナー

関連記事