コラム

仕事を断ることもまた「愛」なのかもしれない

こんにちは、稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

突然ですがクエスチョン!!

すでにキャパギリギリの仕事を抱えている時に、さらなるお仕事を依頼されたら、あなたはどう対応しますか?

あなたはどうする!?
  • とにかくスピードを限界まで上げて対応する
  • 何日徹夜してでもなんとか対応する
  • 誰か他の人に委任する
  • 泣く泣く断る

いくらでも選択肢はありますし、どれも間違いではありませんが!

今日は、お客様のために敢えて仕事を断るという選択もあるのでは?というお話をしたいと思います。

とあるダイニングでの出来事

先日、近所のとあるダイニングで食事をしていました。

そのお店、従業員はシェフとバーテンダーさんの2人だけ。狭いお店ならまだしも、それなりに席数もある立派なお店。それをたった2人で調理・お酒作り・接客までこなしています。

料理もお酒も美味しい上にいつも笑顔でステキな接客をしてくれるので、常連さんも多いお店なのですが、奇しくもその日は金曜日。お店はいつも以上に繁盛していました。

そんな中、予約なしでお店を訪れたお客さんが一組。

タイミング良く、テーブル席に座っていたお客さんの何組かが続けて会計を済ませ、席が空いたばかり。

僕はてっきり新しいお客さんをその席に通すものだと思ってました。

そんな時、マスターが放った言葉

マスター
マスター
申し訳ございません!本日予約で席が埋まっておりまして…。またのご来店お待ちしております。

嫌味なく、本当に申し訳なさそうにそう言いました。

僕はその発言を真に受けて、「この時間でも予約で満席なんてすごいなぁ」なんて思いながら、

イナゲ
イナゲ
「いつも大繁盛ですねー!」

と声をかけました。

すると、マスターから予想を覆す驚きの返答が返ってきたのです。

マスター
マスター
「クォリティ下がってきちゃったんで、申し訳ないですがお断りしちゃいました。

え!?と一瞬戸惑いましたが、その真意をすぐに理解しました。本当は予約など入ってなかったのです。

その日はあまりにも繁盛しすぎて、マスターが作るお酒のクォリティが、ご自身がのぞむ基準に至っていなかった。

僕には十分すぎるほどの安定したクォリティに思えましたが、マスターには満足できなかったのでしょう。

断ることもまた愛

新しいお客さんを迎え入れればお店は儲かる。しかし、その分品質やスピードを落とさなきゃいけない。それは、今いるお客さんにも新しく来てくださるお客さんにも申し訳ないこと。

ならばせめて、目の前のお客さんに十分なサービスを提供するためにも、敢えて新規のお客さんをお断りする。マスターはそんな選択をしたのです。

この行動については様々な意見があると思いますが、少なくとも僕は率直に「プロだな!」と思いました。

よくラーメン屋さんなんかでも、納得できるスープができなかった日は店を開けないなんて話を聞いたりします。

本当にお客さんに喜んでもらいたいなら、目先の利益を追いかけるのではなく、常に最高のクォリティでお客さんに尽くすことも大事。

そんなことに気づかせてくれたエピソードでした。

まとめ

クリエイターのお仕事は、そのほとんどは実働=収入。稼ごうとすればするほど仕事が山積みになっていきます。

そんな中、目の前の仕事をさばくことに集中するがあまり、クォリティを犠牲にしてしまうことも少なくありません。

というか、他人からみたらクォリティは十分でも、自分の中のこだわりを捨てなきゃいけないことも多いと言った方が良いでしょうか?

だからこそ、敢えてお仕事を断って目の前のお客さんに尽くし切ることが、長い目で見た時に大きな信頼となって自分に跳ね返ってくる。

これもまたですね!!

まぁ、そんだけお店儲かってるならホールスタッフ雇えばいいのに!という気もしないでもないですが…それはまた別の話ということで!!

ABOUT ME
稲毛 謙介
音楽×ノマドで自由なミュージックライフを!音楽の新しい楽しみ方を提案するスマホ作曲ニスト。スマホ&タブレットでノマドしながら音楽作ってます。音大卒→大手ゲームメーカー所属→フリーランス→音楽プロダクションCEO→過労で15㌔太る→業界の枠組みに捉われない自由な音楽ライフを謳歌すべくスマホ作曲家へ転身!!
おトクで楽しいお知らせが毎週届くLINE@

LINE@では、スマホ作曲&ノマド作曲の最新情報やウラ話、イベントや勉強会などのおさそい、ノマド旅を始めとしたイナゲの企画に参加できる権利などなど、濃ゆ〜い情報を毎週お届けしてます♪5つの楽しい特典も満載!!

今すぐ登録する!