1. HOME
  2. ブログ
  3. 金髪チャラ男の人脈開拓法

金髪チャラ男の人脈開拓法

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

すでに周知の事実かと思いますが、ぼくは金髪です!!

見た目はチャラいとか言われますが、中身は結構マジメです。(むしろややカタブツ気味。)

そんなぼくが何故わざわざ金髪にしているのか?

しょーもない話に聞こえるかもしれませんが、クリエイターとして生きる上で結構大事な話をします。ぜひ読んでいただきたい!

 

イナゲが金髪にする一番の理由

イナゲが金髪にする一番の理由<

僕が金髪にしている理由。それは、人に覚えてもらうためです。

意外なことに、作曲家で金髪の人ってあまり多くはありません。バンドマンなどには多く見られる金髪ですが、作曲家となると金髪人口は極端に少なくなる。

ましてやこれでも制作会社の代表。作曲家であると同時に経営者でもありますから、その立場で金髪の人なんてまずほとんどいない!!

はい、これがぼくが金髪にしている一番の理由です。

金髪の人が少ない中で、金髪のチャラ男がいると…メッチャ目立つ!!!

そう、一発で顔を覚えてもらえるんですね。

 

実はこれ、とっても重要なこと

実はこれ、とっても重要なこと

あなたも、交流会など、大人数が集まる会合に参加されたことはあると思います。

そういった場所では、たくさんの人と交流できる反面1人1人とゆっくり話す時間はどうしても少なくなりがち。なので最近は、SNSとリアルの双方で交流を深めていくというスタイルがあたりまえになって久しいですね。

そんな中、あなたはこんな経験ありませんか?

もらった名刺を見返してみても、その人がどんな顔だったか全く思い出せねぇ!!!

とりあえず名刺を頼りに検索し、相手のプロフ写真が顔写真であれば、「あー、この人か!」と思い出すこともできなくないけど、はっきり顔が写っていないものだったり、本人と全く関係ない写真(ペットとか)だったりした日には目も当てられませんね。

次に会うタイミングまでその人の顔が思い出せず、下手すると、再び初対面のように挨拶してしまうなんてこともあったり…。

 

自分自身に敢えて目立つ特徴を持たせる

自分自身に敢えて目立つ特徴を持たせる

ぼくはhじとにおぼえてもらうために、敢えて目立つ特徴を自分の外見に施しています。

初対面の挨拶の時に「金髪の男」として認識してもらい、金髪の男のプロフィール写真が貼られたアカウントから友達申請する!

さらに、そのアカウントを使って日々情報を発信することで、「あの金髪の男はこんなことやってるんだなー」ということが、しっかりと相手に伝わるって寸法です。

結果として、次に会った時にはちゃんとぼくのことを覚えてくれていて、ぼくが何をしている人間なのか?ということまで理解してくれているのでメッチャ話が弾みます。

相手から声をかけてもらえる機会も驚くほど増えました。

「イナゲさーん!ブログ見ましたよー!」とか、「この前こんなお仕事してましたよねー!」とかね。

お友達がたくさんできて、本当に嬉しい!!

結果的にお仕事につながるなんてことも少なくありません。

まさにいいことづくしでしょ?

 

まとめ

なぜイナゲが金髪にしているか、おわかりいただけたでしょうか??

自分の外見に何かしらの特徴を持たせておくって、こんなにもメリットがあるんですね〜!

ちなみに、もちろん金髪でなくても全然オッケー。 

・髭を生やす(意外と効果アリ!)
・服装を個性的に(こだわりのスタイルを貫く)
・髪型を個性的に(ドレッドや辮髪といったツワモノもw)

いくらでも特徴を出すことはできますね!

とっても効果的なので、ぜひこれを機にご自身の外見を意識してみてはいかがでしょうか?

ぼくのLINE@(公式LINEアカウント)では、イナゲが作った楽曲の「パラデータ」や「楽譜」などを無料配布しております!

そして、現在「コロナに負けるな!キャンペーン」として、2019年秋にリリースした『THEO』に収録されている5曲全てのパラデータ&楽譜を配布しているので、ぜひこの機会に楽しんでください!

プロがどのように楽曲を制作しているのか?そのアイディアや技術をまるごとみることができるので、作曲力・音楽クリエイト力を磨きたい方はぜひゲットしてみてくださいね!

【イナゲのLine@登録はこちら↓】

LINE@登録バナー

関連記事