1. HOME
  2. ブログ
  3. KOMPLETE KONTROLをもっと便利に!NKS非対応シンセを快適に使う裏ワザを紹介!

KOMPLETE KONTROLをもっと便利に!NKS非対応シンセを快適に使う裏ワザを紹介!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

みんな大好き、Native Instrumentsのキーボード「Komplete Kontrol」シリーズ!(以後「KK」)

独自規格「NKS」に対応したプラグインならば、どれでも簡単にハンズオンコントロールできてしまう人気機材ですが、じつはNKS未対応のプラグインでもNKS対応プラグインと同等の操作を可能にしてしまう裏ワザ(?)があるので、ご紹介しようと思います。

【KKシリーズに関するレビュー記事はこちら↓】

 

NKSフォーマットとは?

NKSフォーマットとは?

まずは前提知識として、KKでプラグインをハンズオンコントロールするために必要なフォーマット、「NKS」について軽くご説明しておきますね。(知ってる人は読み飛ばしてOK)

「NKS」とは、KKやMaschineなどNative Instruments社が開発したハードウェアで、プラグインをハンズオンコントロールするためのフォーマットです。

NIおよび主要プラグインメーカー90社以上が参加するNative Kontrol Standard® (NKS)は、NIが開発した拡張プラグインフォーマットで、サードパーティー製インストゥルメントの開発者はKOMPLETE KONTROL SシリーズやKOMPLETE KONTROL Aシリーズ、MASCHINEハードウェアに機能を直接紐付けることができます。効率的なブラウジング、統一したワークフロー、Sonokineticの開発者が自ら設定したマッピング済のパラメーターを使って製品をお楽しみください。 -Native Instruments社 Webサイトより引用-

このNKSフォーマットに対応さえしていれば、たとえサードパーティ製のプラグインであっても

・音色のブラウジング
・パラメータの自動アサイン
・パラメータのハンズオンコントロール

が簡単にできてしまいます。面倒な設定は一切なし!プラグインを読み込むだけ!超便利!

NKSに対応しているプラグインメーカーなど、詳細情報はNative Instruments社のサイトで確認できます!要チェック!

 

NKS非対応プラグインをNKS対応させるユーザーパッチ

NKS非対応プラグインをNKS対応させるユーザーパッチ

NKS対応プラグインならば、面倒な設定なしで簡単にハンズオンできることは前述のとおり。しかし、NKS対応していないプラグインに関してはユーザーが自力でパラメータをアサインする必要がありました。

一応アサイン可能とはいえ、手持ちのプラグインを全部手動でアサインしていくなんて面倒すぎますよね。

そんなあなたに朗報!

NKS未対応プラグインを、強制的にNKS対応させてしまう方法があったんです。

Freelance SoundLabsで配布されているNKSユーザーパッチが便利!

Freelance SoundLabsという海外サイトでは、NKS未対応の主要なプラグインをKK上で使えるようにするためのユーザーパッチが販売されております!

freelancesoundlabs

SpectrasonicsやUVI、XLN Audioの人気メーカー各製品や、AvengerやSERUMなどの超人気シンセまで、現代の主力音源といえる製品を幅広く網羅してくれているのでめちゃめちゃ助かります。

しかも、各パッチのお値段は、数ドル〜高くても40ドル弱とおどろきの安さ!(ほとんどが12ドル〜15ドル程度)躊躇なく購入していいレベルかと思います!

 

実際に使ってみた感想

実際に使ってみた感想

これらのユーザーパッチ、ぼくも長らく愛用しているのですが、使用してみた感想としてはとにかく素晴らしいのひとこと!

NKS公式対応しているパッチと遜色ないレベルで、全てハンズオンコントロールできます。

ブラウジング

膨大なプリセットを抱えるOMNISPHEREも、サクサクブラウジングできます!

KKの魅力であるサウンドのプレビュー機能もバッチリ使えるので、パッチを読み込まずとも目的の音色まですばやくたどり着けます。(これだけで作業効率3割マシ!

ブラウザ画面には、各シンセのロゴやサムネがきちんと表示されるのも嬉しいですね〜!細かいところだけどこういうの大事!

KK_Omnispere

各パラメータのコントロール

ゴリゴリつまみをいじりながらモジュレーションさせたいAVENGERなんかもバッチリハンズオン!

主要なパラメータはすべてKKのツマミに最初から割り当てられてますので、プリセットを読み込めば即ハードシンセのような感覚で使えます。

これは気持ちいい!!

KK_Avenger

不具合やトラブル、不満はある?

使用していて感じる不具合やトラブル、不満などは今のところ全くありません!(この記事を書くにあたってわざわざ粗探ししてみましたが、それでも見当たりません…!)

強いていうならインストールがほんのすこしだけ面倒なくらいですかねぇ。でも付属しているインストールマニュアルの手順にしたがって進めれば、迷うことなくインストールできると思います。十分許容範囲でしょう。

もうとにかく便利なので、KKユーザーさんで、かつNKS対応してないサードパーティ製シンセをお持ちの方はぜひ導入してみてください!まじで感動します。

 

まとめ

というわけで、久々に機材レビュー記事をお届けしました!

今回ご紹介したユーザーパッチの導入で、KKやお手持ちのプラグインのポテンシャルがさらに引き出せるようになると思いますし、作業効率も大幅アップできると思うので、気になった方はぜひ導入してみてはいかがでしょうか?

作業がめちゃ捗りますよ〜!

ぼくのLINE@(公式LINEアカウント)では、イナゲが作った楽曲の「パラデータ」や「楽譜」などを無料配布しております!

そして、現在「コロナに負けるな!キャンペーン」として、2019年秋にリリースした『THEO』に収録されている5曲全てのパラデータ&楽譜を配布しているので、ぜひこの機会に楽しんでください!

プロがどのように楽曲を制作しているのか?そのアイディアや技術をまるごとみることができるので、作曲力・音楽クリエイト力を磨きたい方はぜひゲットしてみてくださいね!

【イナゲのLine@登録はこちら↓】

LINE@登録バナー

関連記事