1. HOME
  2. ブログ
  3. Audiostockチャレンジ!4月の売上結果をドドンと公開!課題と対策も分析!

Audiostockチャレンジ!4月の売上結果をドドンと公開!課題と対策も分析!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今年の3月末から、Audiostockでの楽曲販売を始めてみました。

そんなAudiostock、先日4月の売上結果が出てきましたので、その結果をがっつり公開してしていこうと思います!

果たしてイナゲは稼げているのか??

 

2020年4月の売上結果は?

2020年4月の売上結果は?

気になる4月の売上結果は・・・?

  • 単曲販売:¥2,772
  • 定額制プラン報酬:¥6,169

合計¥8,941でした!

んまぁ微々たるもんではありますけど、一応収益にはなってますね!

内訳としては、以下の通りです。

単曲販売

単曲販売

今月の単曲販売は1曲だけという結果に。まぁ登録曲数も少ないのでこんなもんかなぁと思いつつ、もっと売れて欲しいなぁという気持ちはありますね。

面白いのが、全部で7曲登録しているサムライミュージシャンズ作品ですが、そのうちこの『鬼』だけが3月・4月ともに1曲ずつ売れているという点(ほかの曲は全く売れないのに・・・。)

サムライミュージシャンズの作品としてはそこまで人気上位な曲でない『鬼』が、なぜこの曲が選ばれやすいのかを考えていく必要がありそうです。

多分ですが、『鬼』は全体的に起伏が少ない曲なので、BGMとして使いやすいんだろうなぁとは思ってます。(他の曲はダイナミックレンジがかなり広い。)

これはゲーム音楽でも劇伴でもそうなんですが、1曲の中にドラマ性がありすぎるとBGMとして使いにくくなっちゃうんですね。一定のテンションをながーく持続してくれるタイプの曲の方が、映像ウラでは使いやすいもんです。

この辺りを意識した曲作りが売れるヒケツでしょうねー!

定額制プラン報酬

こちらはの内訳は以下のとおりです。

定額制プラン報酬

ほぼサムライミュージシャンズの楽曲!そして全曲和風楽曲です。

どの曲もまんべんなくDLされている様子ですが、やっぱり『鬼』は強いですね。一方で、サムライミュージシャンズの楽曲としては格段に人気の高い『うたかたの夢』は低迷気味。

楽曲の人気度合とストックミュージックとしての売れ行きはまた別モノであるということがうかがい知れる結果となりました。(やはり使いやすさの問題でしょうね。)

 

考えうる改善点

考えうる改善点

ぼくがAudiostockで販売している楽曲のうち半数は、ユーザーさんの中で需要が多いといわれている和モノ音源(主にサムライミュージシャンズ作品)。

その中においてもこのような結果なので、まだまだ改善の余地はありそうです。

イマイチ振るわない原因として考えられるのは、

1)検索にうまく引っかかっていない
2)単に曲数が少ない
3)エピックなサウンドばかりなので用途が限られる
4)起伏が多い楽曲が多く、BGMとしては使いにくい
5)値段が高い

などなどですかね。この辺りを一つずつ潰していくのが今後の改善のカギだと考えています。(値段は下げるつもりはありませんので、1〜4をひとつずつ潰していこうと思います。)

売れてるクリエイターさんのプロフィールや解説文などを研究して、しっかり検索需要にこたえられるようにしていくのが先決ですね!あとは、BGMとしての使いやすさを意識しつつ、曲数とバリエーションを増やしていくことがポイントかな!

定額制プランでも歌モノは売れにくい?

サムライミュージシャンズのほかに、昨年秋にリリースしたSETEBOSの『THEO』も登録してるんですが、そちらは単曲も定額制も全くDLされてませんでした。

こちらの『THEO』に収録されている楽曲は、単曲販売では1曲5万円というかなり強気な価格設定をしているので、単曲が売れないのはまぁわかる。ですが、定額制プランならそれなりにDLされるかなぁと踏んでましたけど、全くでしたね。(びっくりだよ!)結局DLされたのはサムライミュージシャンズのみという結果になりました。

SETEBOSの楽曲もお気に入りしてはもらっているので、決して聞いてもらえてないというわけではなさそうです。(とはいえ、再生回数もお気に入り数もサムライミュージシャンズの方が多いですが。)

再生数とお気に入り数:サムライミュージシャンズ

再生数とお気に入り数:サムライミュージシャンズ

再生数とお気に入り数:SETEBOS

再生数とお気に入り数:SETEBOS

この結果を受けて、

1)インストであること
2)和モノであること

やはりこの2点が、サムライミュージシャンズとSETEBOSの勝敗を分ける強い要因な気がしています。(というか、インストとか和モノの需要が多いことはアナウンスされてますしね。)

 

まとめ

というわけで、まだまだ改善の余地の多いAudiostockチャレンジ。

4月の結果を受けていろんな改善点が見えてきたので、少しずつ改善しながら着実に売上を増やしていければと思っております!

ぼくのLINE@(公式LINEアカウント)では、イナゲが作った楽曲の「パラデータ」や「楽譜」などを無料配布しております!

そして、現在「コロナに負けるな!キャンペーン」として、2019年秋にリリースした『THEO』に収録されている5曲全てのパラデータ&楽譜を配布しているので、ぜひこの機会に楽しんでください!

プロがどのように楽曲を制作しているのか?そのアイディアや技術をまるごとみることができるので、作曲力・音楽クリエイト力を磨きたい方はぜひゲットしてみてくださいね!

【イナゲのLine@登録はこちら↓】

LINE@登録バナー

関連記事