1. HOME
  2. ブログ
  3. 音楽クリエイターのあらたな権利収入!AudioStockに楽曲登録してみた!

音楽クリエイターのあらたな権利収入!AudioStockに楽曲登録してみた!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

じつは先日、ぼくのオリジナル作品をAudioStockに登録してみました!

AudioStockといえば、株式会社クレオフーガさんが展開するストックミュージックサービス。このブログの読者さんの中にも、すでにAudioStockで楽曲を販売されている方も少なくないかもしれませんね!

何をかくそう、ぼくはこのAudioStockというサービスが数年前から気になって気になって仕方ありませんでした。プロアマ問わず自分の音楽を気軽に販売できるこのサービス。もはやクリエイターにとって利用しない手はない!とすら考えています。

今日はそんなAudioStockの魅力についてお話していきましょう!

 

なぜイナゲはAudioStockが気になっていたのか?

なぜイナゲはAudioStockが気になっていたのか?

まずは、そもそもなぜイナゲはAudioStockが気になって仕方がなかったのか?というお話から。

もともとのぼくのイメージでは、AudioStockといえばアマチュア~駆け出しのクリエイターさんが、自身の楽曲を販売するプラットフォームという印象を持っていました。

今でこそ名だたるプロの方々も続々参入されてますけど、少なくともぼくがAudioStockの存在を知ったときには、登録者にしめるプロの割合はそう多くはなかったはずです。

しかし、ここ数年のAudioStockの進歩は目を見張るばかりです。

登録クリエイターさんも軒並み増加しているし、サービス内容も、従来のライセンス販売に加えて

・店舗用BGMサービス
・TV・ラジオ放送向けサービス
・音楽配信サービスへの楽曲提供
・サブスクリプションサービス

などなど、精力的にアップデートされてますよね!

このようなサービスが拡大すればするほど、AudioStockの登録楽曲を利用されるユーザーさんは増えていきます。

そうなれば、我々クリエイターにとっても自分の楽曲を利用してもらえるチャンスが増えていくわけですから、自ずと収益化のチャンスは増えていきますよね!

AudioStockへの登録自体は無料ですし、もはやクリエイターにとって利用しない理由はひとつもないんじゃないでしょうか?

 

AudioStock最大の魅力、それは「権利収入」!

AudioStock最大の魅力、それは「権利収入」!

ぼくがAudioStockに魅力を感じている最大のポイントは、なんといっても「権利収入モデル」であるということ。簡単にいうと「不労所得」が得られるということですね。

これまで、作曲家が権利収入を得る方法といえば「印税」くらいしかありませんでした。

しかし、この印税というものにはちょっとクセがございまして、

  • 支払いタイミングは原則年に4回のみ
  • どのくらい入ってくるかも未知数

という難点があります。

楽曲がたくさん使われればそれだけ多くの印税が入りますが、提供楽曲がよほどヒットしたり、メジャーなコンテンツで使用されたりしなければ雀の涙ほどしか入ってきません。

また、ぼくのようなゲーム音楽をメインにしている作曲家は、買取契約の仕事も多かったりします。

買取契約の場合、より多くの収入を得るためには、それだけたくさんの案件をこなすほかありません。とはいえ、働ける時間には限界がありますから、いずれ収入が頭打ちになってしまうことは明白なわけですね。

 

AudioStockの登場によって状況が一変する!

AudioStockの登場によって状況が一変する!

AudioStockは、音楽クリエイターに新たな「権利収入」を作ってくれました。

1度楽曲を登録さえしてしまえば、労働時間にかかわらず、作品が売れるたびに収入が得られます。自分ではなく作品が勝手に収益を生み出してくれるので、収入に限界もありません。

このような「権利収入」モデルは、作曲家として長く活動していくためには絶対に取り入れておいた方がよいものです。仮に自分がなんらかの事情で働けなくなっても、作品が収入を生み出し続けてくれさえすればなんの問題もありませんし、浮いた時間を使ってさらに作品を生み出したり、新たな戦略に打って出ることもできる。

時間ばかりは人類皆平等に有限ですから、時間を消費せずに収益をあげる仕組みがあるというのは何よりも価値が高いことなんですね。

これからの時代は、いかにして「権利収入」を生み出していくか?それが本当に大事だと考えています。

そのためのプラットフォームとして、AudioStockは非常に優れていると感じています。

 

まとめ

めでたくAudioStockライフをスタートしたぼくですが、最初からそう簡単にバカスカ売れるほど甘くはないと思っていますので、今後しっかりリサーチ&最適化を重ねながら少しずつ収益を増やしていければなと思っております!

色々実験結果が見えてきたらまたレポートしますね!

読者さんの中で、AudioStockを利用されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報共有させてください〜!

ぼくのLINE@(公式LINEアカウント)では、イナゲが作った楽曲の「パラデータ」や「楽譜」などを無料配布しております!

プロがどのように楽曲を制作しているのか?そのアイディアや技術をまるごとみることができるので、作曲力・音楽クリエイト力を磨きたい方はぜひゲットしてみてくださいね!

【イナゲのLine@登録はこちら↓】

LINE@登録バナー

関連記事