1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽理論】ダイアトニックコード内で使える代理和音を解説!【DTM】

【音楽理論】ダイアトニックコード内で使える代理和音を解説!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、昨日ご紹介した和音の機能にちなんで、「ダイアトニックコード内で使える代理和音」についてご紹介していきます。

  • ダイアトニックコード内代理和音について
  • I(トニック)の代理和音
  • V(ドミナント)の代理和音
  • IV(サブドミナント)の代理和音

ダイアトニックコードには、主要三和音と置き換えて使用することができる和音が含まれています。

その仕組みを理解することで、使えるコード進行の引き出しが驚くほど増えていきますので、しっかりと学んでいきましょう!

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

会員ログイン

有料メンバーシップへのご登録はこちら

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事