1. HOME
  2. ブログ
  3. 高度なテクニック①:楽器の苦手分野をあえて活用したオーケストレーション

高度なテクニック①:楽器の苦手分野をあえて活用したオーケストレーション

こんにちは、OTOxNOMA認定講師・作曲家の吉岡竜汰(@ryuchan_GGWL)です。

今日からは、より高度なオーケストレーションテクニックについて解説していきます。

初回は、楽器の苦手分野をあえて活用したオーケストレーション事例についてまとめました。

  • 短所は時として強みになる
  • 音域による特性を活用しよう
  • 不得手な音域を活用したオーケストレーション例

これまでもご紹介した通り、楽器にはそれぞれ得意不得意があります。

そのうち、苦手な部分をあえて活用することで効果的なオーケストレーションを実現している例が数多く存在します。

もちろん乱用は禁物ですが、正しく活用することでオーケストレーションの幅がグッと広まります!

ぜひご活用ください。

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事