1. HOME
  2. ブログ
  3. オーケストラにおける楽器同士の音量バランスとそのコントロール方法を理解しよう!

オーケストラにおける楽器同士の音量バランスとそのコントロール方法を理解しよう!

こんにちは、OTOxNOMA認定講師・作曲家の吉岡竜汰(@ryuchan_GGWL)です。

以前解説をしたオーケストラの編成の記事にて、各セクションの大まかな音量バランスについて軽く解説したのを覚えてらっしゃいますか?

今回はさらに踏み込んで、オーケストレーションを実践する際に気をつけておきたい楽器同士の音量バランスとそのコントロール方法について解説していきます。

  • オーケストラ編成での音量バランス調整手段
  • 音量ごとのアレンジの考え方
  • 音域の両端に気を付ける

多様な楽器を取り扱うオーケストラにおいては、それぞれの楽器の特性を考慮した音量バランス調整が必要になります。

仮に打込みであっても、オーケストラらしいサウンドを実現する上で非常に重要な知識となりますので、しっかりと身につけていきましょう!

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事