1. HOME
  2. ブログ
  3. ベースアレンジの基本⑤:コードスケールとアプローチノートを使ったベースラインの動かし方

ベースアレンジの基本⑤:コードスケールとアプローチノートを使ったベースラインの動かし方

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、動きのあるベースラインを作るための「コードスケール」と「アプローチノート」の活用法について解説していきます。

  • コードスケールの活用法と注意点
  • アプローチノートの活用法と注意点

前回ご紹介したベースラインを動かすための4つのテクニックの中から、「順次進行」を用いたライン作りについてレクチャー。

メロディアスなベースライン作りには欠かせないテクニックとなっていますので、バッチリマスターしていきましょう!

なお、オクターヴやコードトーンなど「跳躍進行」を使ったベースの動かし方については以下の記事で解説していますので、まだご覧になっていない方は先にそちらをお読みください。

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事