1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽理論】V(V7)の代理和音をを使ってドミナントのバリエーションを増やそう!【DTM】

【音楽理論】V(V7)の代理和音をを使ってドミナントのバリエーションを増やそう!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、ここまでに学んだ知識を使って簡単に導入できる「V(V7)の代理和音」についてご紹介します。

  • 「Vsus○系」代理和音
  • 「サブドミナント/V」系代理和音

VやV7のコードを置き替えるだけで、じつに多彩なドミナントのバリエーションを作ることができます。

しっかりマスターして、楽曲に彩りを加えていきましょう!

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

会員ログイン

有料メンバーシップへのご登録はこちら

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事