1. HOME
  2. ブログ
  3. ブッキングやディレクション。一見地味な作業ほどクリエイティビティが問われる!

ブッキングやディレクション。一見地味な作業ほどクリエイティビティが問われる!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

作曲家のお仕事というと、多くの方がまっさき思いうかべるのは「作曲(作編曲)」かと思いますが、じつは作曲家のお仕事ってそれだけじゃないんです!

中には、事務的で地味〜な作業なんかもたくさんあったりするわけですが、その全てにクリエイティビティが問われる大事なお仕事。

今日は、そんな作編曲以外の実務の重要性についてお話ししようと思います。

 

作曲家のお仕事は多岐にわたる

作曲家のお仕事は多岐にわたる

作曲家のお仕事は、作曲以外にもたくさんあります。

1)プログラミング(打込み)
2)演奏者、スタジオの手配
3)楽譜作成
4)ディレクション
5)トラックダウン(Mix)
6)マスタリング

プログラミングやMixなどはもちろんですが、2)〜4)など実際に音を作る作業以外のお仕事も多いことがお分かりいただけるかと思います。

とくに、奏者さんやスタジオの選定、楽譜制作やディレクションなどなど、レコーディングに関わる作業というのは非常にセンシティブ

一見すると地味な作業のように見えますが、じつはすごーくクリエイティビティが問われる部分なんです。

1)演奏者、スタジオの手配

奏者さんによって得意ジャンルやプレイスタイルは様々なので、楽曲のジャンルや雰囲気に一番マッチした演奏者さんをブッキングすることは、楽曲のクォリティを高める上でとても重要です。

また、スタジオ選びもすごく大事。ブースの音響や使用機材によって収録できる音が全く変わってきますから、どんな音が欲しいのかを明確にした上でスタジオを手配するのがいいかと思います。(もちろんエンジニアさんも。)

この辺りは以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

2)楽譜作成

演奏者さんから良い演奏を引き出すためには、わかりやすく読みやすい、且つこちらの意図が明確に伝わりやすい楽譜を用意することが大事です。

レコーディングにおいては、楽譜こそが作曲家とプレイヤーさんをつなぐ大事な架け橋。いかに演奏しやすく、わかりやすい楽譜を作るかは市場命題といっても過言ではありません。

レコーディング用の楽譜作成については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ合わせてご覧ください。

3)ディレクション

レコーディング最中のディレクションにもコツがいります。奏者さんに伝える言葉のチョイスひとつで演奏がガラッと変わるんですよ!(これ、ほんとマジ!)

・どのように伝えればこちらが欲しい演奏が得られるか?
・どうしたら奏者さんのポテンシャルを最大限に引き出せるのか?

相当神経を使いながら進めていきます。

また、現場の空気作りもすごく大事ですね!現場にいる人みんなが気持ちよく仕事ができるよう、丁寧に丁寧に進めていきます。

作曲家って、こういう中間管理職みたいな仕事が結構多いです。

実際のレコーディングやディレクションの様子は、以下の動画でご覧いただけますのでぜひ見てみてください。

 

すべてはクリエイティブのために

すべてはクリエイティブのために

プレイヤー&スタジオの手配にせよ、楽譜作成やディレクションにせよ、すべては作品の魅力やクォリティを最大限まで高めるために必要なお仕事。

一見すると事務的で地味な仕事のようにみえるかもしれませんが、クリエイティブのために何ひとつ欠かすことができない作業なんですね。

また、これまでの経験や場数が如実にあらわれるのもこの分野のお仕事かと思います。現場慣れしてる作家さんほど、こういったお仕事がすごく上手です。

とはいえ、このような現場はアマチュアのうちにはなかなか体験できないことも事実。

日頃から簡単なヴォーカル収録や、ギター、ベースなどのレコーディングなどで少しずつレコーディング慣れしておくことが重要な経験になったりします。

ぼくのオンラインサロンでは、レコーディング体験会などもちょいちょい開催してます。実際にスタジオで自作曲をレコーディングしながら、楽譜づくりやディレクションのいろはを体験学習できます。
サロンメンバーの募集はぼくのLINE@(公式LINE)のみで行いますので、気になる人は記事末尾のバナーから登録しといてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

プロの作曲家を目指す上では、作編曲やサウンドクリエイトだけでなく、さまざまなスキルを身につける必要があります。

最近ではオンラインでのレコーディング、ディレクションなども活発に行われてますので、ぜひお友達と一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ぼくのLINE@(公式LINEアカウント)では、イナゲが作った楽曲の「パラデータ」や「楽譜」などを無料配布しております!

そして、現在「コロナに負けるな!キャンペーン」として、2019年秋にリリースした『THEO』に収録されている5曲全てのパラデータ&楽譜を配布しているので、ぜひこの機会に楽しんでください!

プロがどのように楽曲を制作しているのか?そのアイディアや技術をまるごとみることができるので、作曲力・音楽クリエイト力を磨きたい方はぜひゲットしてみてくださいね!

【イナゲのLine@登録はこちら↓】

LINE@登録バナー

関連記事