1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽制作】楽曲の完成イメージを手早く掴める!フューチャーベースのラフアレンジ手順!【DTM】

【音楽制作】楽曲の完成イメージを手早く掴める!フューチャーベースのラフアレンジ手順!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、前回制作したスケッチを使ってトラックの肉付けを行う「ラフアレンジ」の作業を解説していきます。

  • ラフアレンジとは?
  • ラフアレンジの主な作業
  • ラフアレンジの手順

スケッチ段階で決定した「メロディ」「コード&ベース」「リズム」を、より完成形に近い形に置き換えていくことで、楽曲に厚みを出していくこのステップ。

ラフアレンジを先に固めておくことで、アレンジ全体の方針がより明確に見えやすくなります。

スケッチ作り同様楽曲完成までの道筋をハッキリさせることに役立ちますので、ぜひチャレンジしていきましょう!

※本企画はデータ連動企画となっています。講師イナゲが作った楽曲のパラデータをダウンロードすることができますので、ぜひそちらも合わせてご活用ください!

データのダウンロードはこちら

こちらの楽曲のパラデータをダウンロードできます。

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

会員ログイン

有料メンバーシップへのご登録はこちら

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事