1. HOME
  2. ブログ
  3. メロディアスなキーボードアレンジ④:さまざまなオカズ(合いの手)の使い方をインプットしよう!

メロディアスなキーボードアレンジ④:さまざまなオカズ(合いの手)の使い方をインプットしよう!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、キーボードバッキングに華を添える「オカズ」の使い方について解説していきます。

  • オカズとは?
  • オカズの実践例4パターン
    • コード弾き+オカズ
    • アルペジオ+オカズ
    • バッキング系リフ+オカズ
    • 長めのオカズ

バッキングの合間に演奏されるオカズは、単調さを回避することはもちろん、アレンジ全体を華やかに演出してくれます。

とくにバンドアレンジにおけるキーボードのオカズは欠かすことのできないテクニック。

いくつかの例を用いてその用法を解説していきますので、ぜひご活用ください!

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事