1. HOME
  2. ブログ
  3. 【DTM】MIDIの基礎知識③:揃える!グルーヴさせる!「クオンタイズ」を理解しよう!

【DTM】MIDIの基礎知識③:揃える!グルーヴさせる!「クオンタイズ」を理解しよう!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、DTMに必要なMIDIの基礎知識のうち、ノートの発音タイミングをコントロールする「クオンタイズ」について解説していきます。

  • クオンタイズとは?
  • クオンタイズのパラメータ
  • グルーヴクオンタイズ

クオンタイズを使用することで、不揃いなデータをキレイに整えることができるほか、イキイキとしたノリを楽曲に取り入れることができます。

とくに、リズムトラックの制作には欠かせない機能となっていますので、しっかりとマスターしていきましょう!

 

MIDIの基礎知識③:クオンタイズ

MIDIの基礎知識③:クオンタイズ

クオンタイズとは?

クオンタイズとは、不揃いなデータをグリッドへ吸着させる機能

簡単にいうと「揃える」機能ですね。

リアルタイム入力などでよれてしまったリズムを、簡単に修正することができます。

クオンタイズ前

クオンタイズ後

■ インプットクオンタイズ

インプットクオンタイズとは、リアルタイム入力時にあらかじめクオンタイズをかけた状態でデータ入力することができる機能です。

鍵盤演奏がニガテな方でも正確にデータ入力できるという利点がありますが、同時に「自然な演奏感を残したままノート入力できる」というリアルタイム入力の利点も失ってしまいます。

したがって、クオンタイズされていても問題ないトラック(ノリよりも正確さ重視のトラック)でのみ、使用すると良いでしょう。

クオンタイズのパラメータ

■ クオンタイズグリッド

8分音符、16部分音符など、ノートを吸着させる単位を指定します。

単純音符のほか、付点音符、連符も指定可能です。

■ クオンタイズの強さ

クオンタイズを適用する強度を調整します。

「100%=全ノートがグリッドにぴったり吸着している状態」となり、値を下げることで徐々にゆるめの吸着具合になります。

元のグルーヴを残したまま、軽くリズムを揃えたい場合などに重宝します。

クオンタイズ前

強さ20%

強さ50%

強さ80%

強さ100%

今回の場合は、強さ20%〜50%くらいがちょうどいい感じですね。

それ以上になると機械的な印象に聞こえます。

■ ランダマイズ

元来人間の演奏は不正確なもので、グリッドから全くズレずに演奏できる人などいません。

むしろ、そのような不正確さ&ランダム性こそが、人間による演奏のよいところだったりもするわけです。

そのような不完全さを再現したい場合に重宝するのが、この「ランダマイズ」機能。

音をほどよくバラけさせてくれます。

人間らしさを再現するという意味から、別名「ヒューマナイズ」ともいいます。

「0%=全ノートがグリッドにぴったり吸着している状態」となり、値を上げることで徐々に音がバラけていきます。

ランダマイズ0%

ランダマイズ20%

ランダマイズ50%

ランダマイズ80%

いくら人間らしさを出したいからといって、ランダマイズをかけすぎると「ただヘタクソな演奏」になってしまいます。

ほどよいチューニングがポイントです!

■ スウィング

スウィングとは、ノートの「ハネ(跳ね)」のこと。

ストレートな8分音符を3連符系のリズムへと変化させることで、独特なビート感を生み出します。

別名「シャッフルビート」という名前でも有名ですね。

「100%=完全な3連」となります。

また、ごくごく軽めにスウィングをかけることによって、ストレート感を残したまま、より人間らしいノリの良いグルーヴを与えることもできます。

スウィングなし

スウィング20%

スウィング50%

スウィング80%

スウィング100%

スウィング20%くらいだと、ほぼストレートの雰囲気を残したまま軽ーくグルーヴさせることに成功していますね!

グルーヴクオンタイズ

最後に「グルーヴクオンタイズ」についてご紹介します。

グルーヴクオンタイズとは、データに直接グルーヴ感を与えることができるクオンタイズ機能

さまざまなリズムから抽出したグルーヴをテンプレートとして用いることで、そのノリをMIDIデータに直接反映させることができます。

グルーヴクオンタイズなし

グルーヴクオンタイズ例:ストレート系①

グルーヴクオンタイズ例:ストレート系②

グルーヴクオンタイズ例:シャッフル系

あらかじめ用意されたテンプレートを用いるほか、実際の楽曲やオーディオファイルからグルーヴを抽出して適用するといった上級テニクニックもあります。

その方法については、各DAWごとに手順が異なるかと思いますので、詳しくはお使いのDAWのマニュアルをご覧ください。

 

まとめ

というわけで、DTMに必要なMIDI基礎知識のうち「クオンタイズ」について詳しく解説しました。

クオンタイズの真骨頂は、グルーヴのコントロールにあります。

ただ揃えるだけでなく、適切なノリをデータに付与することで、より生き生きとした演奏表現が可能になりますので、ぜひいろいろと試してみてくださいね!

【オススメ】2020年12月後半からのOTO×NOMAはリズム&ビートメイク強化月間!

音楽学習ポータルサイト「OTO×NOMA」では、音楽制作スキルアップに役立つセミナーや動画コンテンツをお届けしています。2020年12月後半からはリズム&ビートメイク特集がスタート!アコースティック、エレクトリック問わず、あらゆるジャンルのビートを理論と実践両面から徹底解説して行きますので、ぜひお楽しみに!全体のカリキュラムは以下のページからアクセスできます。ぜひチェックしてみてくださいね!

カリキュラムをチェック

OTO×NOMAの更新情報をいち早くお届け!さらにパラデータ&楽譜も無料プレゼント!

イナゲの公式LINEアカウントでは、OTO×NOMAの更新情報を最速でお届けしています。新着記事を見逃すことなくチェックできるのでとっても便利!さらに今なら、2019年秋にリリースされた、SETEBOS『THEO』のパラデータを全曲完全無料プレゼント中。プロのアレンジ&サウンドメイキングのテクニックを余すことなく垣間見ることができるので、ぜひこの機会にご活用ください!

【公式LINEご登録はこちら(登録無料)】

LINE@登録バナー

関連記事