1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽制作】「輪郭」と「立体感」がポイント!ハイハット&ライドのミキシングをマスターしよう!【DTM】

【音楽制作】「輪郭」と「立体感」がポイント!ハイハット&ライドのミキシングをマスターしよう!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、ハイハット&ライドシンバルのミキシング について解説していきます。

  • ハイハット&ライドのパンニング
  • ハイハット&ライドのMixに使うエフェクト
  • 各エフェクトのセッティング
  • ハイハット&ライドの音量バランス

ハイハットやライドのオンマイクでは、オーバーヘッドマイクに含まれるそれぞれの音に「輪郭」や「立体感」をプラスしていきます。

ミックス時にはオーバーヘッドとの一体感を意識しながら、オンマイクによる明瞭なサウンドを付加していくのがポイント。

そのためのテクニックを詳しくまとめましたので、ぜひご活用ください!

※本企画はデータ連動企画となっています。講師イナゲが作った楽曲のパラデータをダウンロードすることができますので、ぜひそちらも合わせてご活用ください!

データのダウンロードはこちら

今回の教材曲:プロスペロー『MOB 〜この街のありふれた一人〜』

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事