1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽制作】躍動感もスケール感も思いのまま!ポリフォニー型ストリングスアレンジ応用テクニック!【DTM】

【音楽制作】躍動感もスケール感も思いのまま!ポリフォニー型ストリングスアレンジ応用テクニック!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、ストリングスアレンジの基本となる5つの型のうち、「ポリフォニー型」最後の解説記事ということで、様々な応用テクニックをお伝えしていきたいと思います。

  • 対位法的なテクニック
  • リハモの小技
  • 運動と進行力の関係
  • 配置とスケールの関係
  • Divisiについて

など、「ポリフォニー型」ストリングスアレンジをより自由自在に使いこなすための応用テクニックを学んでいきましょう!

ちなみに、今日ご紹介する内容の多くは「ポリフォニー型」以外の型にも応用可能です。とくに「ホモフォニー型」とは相性がいいと思いますので、合わせてご活用ください。

ポリフォニー型はこんなアレンジです。

【ストリングスアレンジの基本となる5つの型についての解説はコチラ】

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

会員ログイン

有料メンバーシップへのご登録はこちら

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事