1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽制作】シンセアレンジの中核!プラックのアレンジ&音作りテクニックを徹底解説!【DTM】

【音楽制作】シンセアレンジの中核!プラックのアレンジ&音作りテクニックを徹底解説!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、シンセアレンジを構成する代表的な音色のうち、プラックのアレンジと音作りについて解説していきます。

  • プラックの役割
  • プラックのアレンジ方法
  • プラックの音作り

プラックは、シンセアレンジの中核をなす重要なパート。

プラックのアレンジと音作りが、楽曲の充実感や仕上がりを決めるといっても過言ではありませんので、しっかり学んでいきましょう!

シンセアレンジを構成する各パートの概要については、以下の記事をご覧ください。

基本的なシンセアレンジテクニックを使ったプログレッシブハウスのDEMO

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

会員ログイン

有料メンバーシップへのご登録はこちら

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事