1. HOME
  2. ブログ
  3. 音像のコントロールがキモ!オーバーヘッドマイクのミキシング をマスターしよう!

音像のコントロールがキモ!オーバーヘッドマイクのミキシング をマスターしよう!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、ドラムにおけるオーバーヘッドマイクのミキシング について解説していきます。

  • オーバーヘッドのパンニング
  • オーバーヘッドのMixに使うエフェクト
  • 各エフェクトのセッティング
  • オーバーヘッドの音量バランス

オーバーヘッドは、上部からドラム全体をステレオ捉えたマイク

クラッシュやライドなどのシンバル類を中心に、スネア、タム、キックの打音まで含まれる情報量の多いトラックとなります。

その扱い方にはさまざまな方法がありますが、今回はもっともオーソドックスなミックス方法をレクチャー。

ソフトウェア音源を使ったドラムMix時にもそのまま使えますので、ぜひ参考にしてみてください。

※本企画はデータ連動企画となっています。講師イナゲが作った楽曲のパラデータをダウンロードすることができますので、ぜひそちらも合わせてご活用ください!

データのダウンロードはこちら

今回の教材曲:プロスペロー『MOB 〜この街のありふれた一人〜』

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事