1. HOME
  2. ブログ
  3. ピアノのミキシング②:リバーブ処理とパンニング、音量バランスをマスターしよう!

ピアノのミキシング②:リバーブ処理とパンニング、音量バランスをマスターしよう!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、ピアノのリバーブ処理とパンニング、ドラムやベースとの音量バランスについて解説していきます。

  • ピアノのリバーブ処理
  • ピアノのパンニング
  • ピアノの音量バランス

前回の記事で作り込んだピアノの音を、ほかの楽器と共存さるためのテクニックが満載。

アコースティックピアノはもちろん、エレピなどにも共通してつかえるテクニックとなりますのでしっかりとマスターしていきましょう!

前回の記事をご覧になっていない方は、先にそちらをお読みくださいね!

※本企画はデータ連動企画となっています。講師イナゲが作った楽曲のパラデータをダウンロードすることができますので、ぜひそちらも合わせてご活用ください!

データのダウンロードはこちら

今回の教材曲:プロスペロー『MOB 〜この街のありふれた一人〜』

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事